FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セアブラノ神

セアブラノ神で背脂なしそば(700円)。


店名とメニューの名前として、上記はすでに矛盾している。

というわけで、別名「神への冒涜」と呼ばれる背脂なしそばをいただいた。「セアブラ」を屋号にしている店で、背脂なし。とすると普通に煮干そばというわけですね。というわけで、「神」を名乗る店で、敢えて背脂なしをメニューに加えておられるというのがとても面白いと思ったのだ。

店の前には初めましての券売機さんが鎮座していた。前に来た時は、置いてあるだけで稼働はしていなかったのだ。さっそくぽちっと背脂なしを選択。店に入ってご主人に食券を手渡して、空いている席に座った。


さてそんな背脂なしそばだが、違いは麺が細麺であるということと、当たり前だが背脂がないこと、そしてネギが白ネギではなく青ネギであること。

さっそく一口頂く。うーん、煮干! むっちゃ煮干。このスープに細めの麺がよく合う、ある意味予想通りの旨さ。これはこれでよくできたラーメンだが、私は背脂の甘みも加えて太麺でわしわし頂く方が好きかな、と思った。やはり「神への冒涜」はしてはいけなかったのだ。

というのは冗談だが、背脂がだめな人以外は普通の背脂入りの方が美味しく食べられると思う。ここの麺は、「背脂」+「煮干」+「太麺」のコラボが旨いのだから。そんなわけで、次回は普通に背脂入りを頂こうと思う。



セアブラノ神

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 四条大宮駅大宮駅丹波口駅


スポンサーサイト

山崎麺二郎

山崎麺二郎さん、実はしょっちゅう食べに行っているのです。

ここと伊佐夫さんは、本当に別格だと思っている。いずれも出汁がありえないくらい旨い。出汁が旨いことと、自家製麺であること。この二つがたまたまなのか一致しているのが面白い。そしてその結果として、醤油ではなく塩ベースの出汁になっていることも共通している。もちろん、醤油を用いた麺も提供されている。


「自分で麺を打たなければ、麺がスープの味に干渉していることが分からなかった」と言ったのはラーメンの鬼と言われる佐野実氏であるが、自家製麺にこだわる店はその点をよく理解されていると思う。いくら完璧な出汁を引いても、麺と合わなければ旨くない。逆に、自家製麺であれば。自分の理想としている麺から逆算して出汁を引くことが可能になる。

私はラーメン屋の息子だから良くわかるのだが、良くできた製麺屋は、スープに合わせた麺を打ってくれることもある。ただしそこまで至るには、かなりの闘いを必要とするし、そもそも定期的に製麺屋に食べてもらわないといけない。妥協してしまったら、そこでおしまい。他人と闘うのはひどく疲れるが、自家製麺であれば自分との闘いになる。



今回は塩らーめんを頂いた。最近少し獣出汁が強い(もちろん獣臭は全くないです)のがやや違和感として残ったが、それ以外はいつも通りの旨さ。獣出汁が強めだったのは、今後その方向で行こうとされているのか。あるいは単なるブレなのか。もちろんそれでも旨いことには変わりない。


私の大好きな伊佐夫さんが年内に鶏そばを終了されるとのことで、これで伊佐夫さんにはいわゆる獣出汁を使用した麺が全くなくなるわけなのだが、麺二郎さんはどこへ行こうとしているのか。今後も定期的に食べに来て確認したいと思った。


山崎麺二郎

夜総合点★★★★★ 5.0

昼総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:ラーメン | 円町駅北野白梅町駅西大路御池駅


京平ラーメン

京平ラーメンで並ラーメン(600円)。


この日もまた中途半端な時間に食事をとることになり。通し営業をされているということで以前から気になっていたこちらを訪問した。京都市役所のほぼ裏。

市役所の北側には「臨時駐輪所」があり、そこにバイクを置いた。原付バイクで250円はやや高い気もするが、いたずらされたり駐車禁止で持っていかれることを考えればこれくらいの出費はまあ仕方ないね。

などと思いながらバイクを停める。この臨時駐輪所にバイクを入れるまではすっかり忘れていたのだが、以前ここには駐輪所はなくプレハブが建っており、私はそこで臨時職員として働いたことがあることをたちまち思い出してしまった。昔の懐かしい思い出の一つ。

しかしその時からこのお店はあったのだろうか? あったら食べに行っていたはず、などと考えながら店内に入った。中途半端な時間でもあったという事もあると思うが、正直開店しているのかどうか分からない雰囲気だったが、営業中とのことでおそるおそる扉を押した。


カウンターに座り「並」を注文。ご主人は最低限の言葉しか発しないが、実直な人柄がにじみ出ている。そして厨房はとても清潔に清められている。店内獣臭なし。麺はテボで茹でられるが、気が付くとあっという間に麺が提供された。


ビジュアルはチャーシューともやしとネギ。一口スープを頂くと、クラシカルな京都ラーメンの、豚肉のスープの味がする。いわゆる第一旭に似たスープ。安心して食べられる旨さ。第一旭が大好きな私にはドストライク。

うん、これは旨い、と思いつつ食べ進めているとどこからか紫煙が。ふと横をみると、私以外誰もいないカウンターで店主さんが一服されていた。あのう、せめて外で吸っていただけると助かります。


そんなわけで、総じて旨かった。喫煙可なのもまあありだとして、店主さんが客の横で一服されるのはさすがに時代的にまずいと思いますよ。その一点だけ残念に思い店を後にした。



京平ラーメン

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:ラーメン | 京都市役所前駅三条駅三条京阪駅


京都千丸しゃかりき

しゃかりきでらーめん(まろとん・650円)。


中途半端な時間に食事をとることになったので、通し営業のこちらへ。久し振りにノーマルのラーメンを食べてみたくなったということもあったのだ。

今はラーメンのスープは2種類から選べるようになっている。「A こくとん コクのある豚骨スープ(鶏煮干し少なめ)、従来のスープ」と「B まろとん まろやか豚骨スープ(鶏煮干し多め)」で、後者を未食だったので「まろとん下さい」と注文した。

しかし「まろとん」という注文の仕方はあまり一般的ではないようだ。他のお客さんは「Aで」とか「あっさりの方」などという注文をされていた。まあ伝わればそれでよいと思います。


そんな「B まろとん」が到着した。見た目は結構こってりしている印象。一口スープを頂いたが、「ややあっさり」くらいで、やはり豚の主張は強い。しかし煮干しの風味もより主張され、私は従来のスープよりこっちの方が好きかなあと思った。


一時期は限定を連発されていた印象があったが、むしろこのように通常メニューを充実された方が地に足がついたように感じるのは私だけでしょうか。たまの限定は楽しいんですけどね。いや御馳走様でした。


京都千丸しゃかりき

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 二条駅二条城前駅


セアブラノ神

セアブラノ神で背脂辛子そば(800円)。


一気に寒くなって来た今日この頃、背脂一杯のラーメンでぽかぽかあったまろうとセアブラノ神さんへ向かった。そう、すっかりハマっています。笑。間違いのない。中毒性の高い旨さ。

店内に入ると、なんと新メニューを二つ発見。全く予想していなかったので、よりぽかぽかになれそうな「背脂辛子そば」を注文した。従来の背脂煮干しそばとの違いは、韓国産の唐辛子がたくさん入っているということだそうだ。


待っている間もひっきりなしに客が入る。注文を聞いていたら、かなりの高率で「辛子そば」注文が入っていた。みんな私と同じでぽかぽかになりたいのですね。


作っている工程を見ていたが、途中スープを注ぐ前にかなりがっつりと唐辛子が入る。盛りつけの最後に七味を振りかける以外は、従来のものと同じようだった。

そんなわけで辛子そば到着。見た目は結構真っ赤だが、タンポポのようにあとから振りかけているのではなく、粒子の大きめの唐辛子をスープを注ぐ前に入れているので、すでにスープと一体化している。

さっそくスープを一口頂いたが、まずはガツンと煮干しを感じる。そのあとに辛さが来るのだろうと想像していたが、意外と辛くない。まろやかな辛さで、ああ韓国産の唐辛子だなあと思う。日本産の唐辛子は辛さが結構きつく、旨みや甘みをあまり感じないが、韓国産の唐辛子は食べているうちに甘みを感じるのだ。


そんなわけでするすると頂くうちに、体はぽかぽかになってきた。この唐辛子入りで100円アップというのは結構意見が分かれそうだなと思ったが、私はありだと思った。非常に面白い一杯であった。


ちなみに書き忘れていたが、もうひとつの新メニューは「背脂なしそば(700円)」。別名は「神への冒涜」らしい。笑。こちらは細麺ということだそうなので、食感なども全く違ってくるのだろうと思う。ぜひ近いうちに頂いてみたいと思った。


星4.2→4.5に上方修正しました。


セアブラノ神

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 四条大宮駅大宮駅丹波口駅

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。