FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味見鶏 まるめん

味見鶏まるめんで背脂醤油ラーメン(700円)。


こちらを訪問するのは久し振り。以前右京区の方に住んでいたときには何度かお邪魔した。その時の印象は、「とても旨いが醤油が強い」という印象であった。現在がどうなっているのか気になっての訪問となった。

そんなわけで物集女街道をバイクで走り、お店へ。昼を過ぎたあたりだと言うのに、結構客が入っていた。久しぶりだったので、迷わず背脂醤油をチョイス。しばし待つ。もちろん獣臭なし。


「無化調」を謳っているのも昔通り。豚骨ラーメンだけ化調入りと明記されているのも、「サイドメニューを先に食べると味が分からなくなるからラーメンから先に食べてください」と書いてあるのも。昔は「そこまで言うのなら豚骨やサイドメニュー置かなくてもいいのでは」と思っていたが、今はそれもありかなと思う。歳月が経つって言うのは寛容になるってことなのかな。


などとぶつくさ考えているとラーメン到着。見た目は全くの京都の背脂醤油で。もやしがあるのも昔ながら。あとはネギとチャーシューとメンマと、珍しいところでは胡麻も入っている。


さて麺から頂くが、やっぱり旨い。開店当時は無化調を謳っている店があまりなく、それでもこれだけの旨みがあるという事に結構感動したものだった。「ラーメンには化学調味料が付きものである」というそれまでの常識に対するアンチテーゼ。

しかし、やはり醤油が強いと思う。化学調味料を使用しないとなると、グルタミン酸の旨みをどこから持ってくるのかという事が問題になってくる。昆布だしを使用する店も他の出汁を加えてくる店もあるが、やはり一番簡単なのはグルタミン酸の豊富な醤油を増やすことだろう。そんなわけで、やや醤油が強いように感じる。


しかし不思議な事に、塩分をたくさんとった後に感じる喉の渇き感はほとんど感じなかった。やや強めに感じるぎりぎりのところを計算されているのだろうかとも思う。


しかし総じて旨かった。カウンターに座ったお嬢さんが「旨い! こんな旨いラーメン食べたことない!」と呟きながら一心不乱に麺を啜っておられたのがとても印象に残った。お嬢さん分かりますよその気持ち。私なんか、沖縄でラーメン食べながら泣いたことありますもん。笑


次回は醤油が強くなさそうなだしラーメンを頂いてみたい。醤油ではないグルタミン酸の旨みという方向に、一つの回答がありそうな気がするのだ。



味見鶏まるめん

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ラーメン | 西向日駅


スポンサーサイト

麺屋 たけ井

麺屋たけ井でつけ麺並(850円)。


「あっぱれ屋」に引き続き、城陽訪問シリーズ。

かつてこの辺で過ごしたことがある人間にとって、「旨いラーメン屋」の選択肢はあまりなかった。それでも、京都市を除く京都府下では、まだ旨いラーメン屋がある方だと思っていたのだ。第一旭寺田店は安定した旨さがあったし、台湾ラーメンの屋台も旨かった。また、ほそかわの城陽店もあったりして、お隣の宇治市がラーメン不毛の地であるにもかかわらず城陽は意外に名店が多かった。

そんな城陽市に忽然と現れた「あっぱれ屋」と「麺屋たけ井」。ぜひ一度実食してみたいと思い、今回の訪問となった。


時間帯が閉店間際であったためか、店外に行列なし。店内も獣臭なし。凄い行列の噂は聞いていたので、正直「ラッキー!」と思った。店内に入っても、待っておられるのは一人だけ。これはすげえラッキーなのではないだろうか? やはり日頃の行いが(以下省略)

というわけで、すぐに席に案内された。タイミングを見て茹で始めておられたのだろう、自分の目の前で麺が冷水で締められ、きれいに盛られた状態でまずは麺だけサーブされる。

これがとても美しい。全粒粉の入った麺はつやつやと光っており、手をつけるのがもったいないと思うくらい美しい。しばらく見とれているとつけ汁がやって来た。

我に返ってまずは麺だけを頂く。旨い! 塩だけで頂きたくなるくらい、がっつり麦の味がする。もちもちでかなり面白い。

次に数本だけつけ汁につけていただいたが、これもまた濃厚で塩梅も良く、旨い。いわゆる「またおま系」だが、魚介も豚骨もとても濃厚。これは行列が納得できるハイレベル。などと書きつつ、私は行列してませんが。笑

もちもちの太麺と濃厚な汁がまた上手くマリアージュしており、わしわしと夢中で頂いた。これは旨い! 恵那くさんに引き続いて、ラーメンだけではなくつけ麺に手を出して良かったと思えるレベル。


そんなわけで、並の280gの麺はあっという間に私の胃袋に消えていった。しばし恍惚とした後、つけ汁をそのまま頂いてみた。塩梅もなかなか良く。このまま全部頂いても良かったのだが、変化も知りたくせっかくなのでスープ割を注文した。


つけ汁がいったん回収されて、しばらくして手元に戻って来た。単にスープで割っただけではなく、刻みチャーシューとネギが追加されていて驚く。これはこれでとても楽しめる。


以上、とても面白い一杯であった。とても満足して店を出たら、店員のお姉さんが後を追いかけてくる。お金ははじめに払ったはずだがと動揺したのだが、なんと「お味は満足頂けましたか?」と尋ねられたのだ。後で調べてみたら、基本的に来た客に、店外でアンケートの如く尋ねているらしい。もちろん満足しました、麺も旨かったしスープの塩梅もとてもよく、是非また来たいです。嗚呼、昔住んでいた時にあれば連日通ったのに…。


麺屋 たけ井

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:つけ麺 | 長池駅山城青谷駅


俺のラーメン あっぱれ屋

俺のラーメンあっぱれ屋でこくまろ塩ラーメン(700円)。


ぽっかり時間が空いたこの日。寒くなったにもかかわらず引っ張り出してきた単車に乗って、のんびり南を目指した。目指すは食べログで全国1位にもなったことのある「あっぱれ屋」。

京都市内から国道24号線沿いに南下し、途中からはいわゆる「旧24号線」で走る。この辺で育った人間としては、24号線といえばこの狭い旧24号線を思い出す。

宇治市役所から太陽が丘を抜けて、いったん宇治田原に出る。まあ気持ちの良いツーリング気分だが、ホンマにこんなところにラーメン屋があるのか? というくらい何もない。

だんだん不安になりつつあるときに「あっぱれ屋」発見。突然現れたラーメン屋の駐車場はすでに満車状態。なんだこれは。バイクを置くスペースはあるのでバイクから降りて店の入り口に向かうが、すでにすごい行列。私も最後尾に並んだ。

それなりに行列が消化されていき、店内に入る。もちろん獣臭なし。店内にもずっと行列。面白いことに、地面に足型が描かれており、その位置に立って待つ。行列があることは前提なのね。

ようやく席に着くことができた。ここまで約40分。店一押しの塩ラーメンを注文した。



さてラーメン到着。麺は見た目フェットチーネのような平打ち麺。レアチャーシューとメンマとネギが乗っている。スープもよい香りがする。さっそくスープからいただいてみたが、これが旨い! 動物系のコクがまず入ってきた後に、魚介の香りが押し寄せてくる感じ。塩分も強くなく、ちょうどよい感じ。

麺も多加水のつるっとした喉越しでこれも旨い。

麺とスープも非凡だったが、具が凄かった。ネギはそのままだが、レアチャーシュー。これが旨かった。外にまぶされている胡椒も主張し過ぎず、とてもよい。「陽はまた昇る」さんではちょっと主張し過ぎだと思っていたが、こちらのはいい塩梅。

そしてメンマ。驚いたことに生姜の香りがする。おそらく生姜を強めに入れた出汁で煮てあるのだろう。これがまた旨かった。


総じて非常に旨かった。


行きにくい場所にあるお店は、総じて過大評価される傾向があると考えており、こちらもその可能性はないだろうかなんて失礼なことを考えていたが、繁盛しているだけの理由はあると感じた。

次回訪れた際にはつけ麺をいただいてみたいが、正直あの行列にもう一度並ぶかといわれると微妙…。



俺のラーメン あっぱれ屋

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 山城青谷駅山城多賀駅長池駅


美渓

美渓でラーメン(750円)。



久しぶりに大きなバイクに乗りたくなり、しばらく眠っていた単車を引っ張り出して一人ツーリングに行って来た。

千本北大路から北に向かい、鷹峯を抜けて京見峠へ。ここにあった京見峠茶屋を確認するのも一つの目的だったのだが、噂通り店は閉じられて看板だけ残っていた。

その後細い道をなんとか走り抜けて、周山街道へ。気持ちの良いワインディングが続くが、もう昔のように若くはないのでカーブではお行儀よく減速。笑

京北の道の駅はお祭りか何かでガレージごと会場になっていたので、そのままスルーすることにした。残念なことに途中から雨が降り出したため、避難的に美渓さんでラーメンを頂くことにした。なお、防水ツーリング仕様だったので足回り(アホな事にうっかり普通の靴で出かけてしまった)以外は大丈夫でした。

カレーなどのメニューもあり、ラーメン専門店と言う感じではなかったが、雨で体が冷え切っていたし、そうでなくても私はラーメン一択。笑。

しし大根(500円)と言うメニュにも少し魅かれたが、今日はラーメンだけだとぐっとこらえた。


店内はログハウス風でもちろん獣臭なし。掘りごたつ風の座敷はとてもゆったりしていて居心地よさそうだったが、一人だったことと雨で足回りがびしょびしょだったのでカウンターにした。


しばらくしてラーメン到着。まずスープを一口頂くが、鶏と豚と魚介が使われていますと素性が一口でわかるスープ。しかし丁寧に作られており、しかも独特の風味がある。なんだろ? 私は一口頂いて、なぜかたちまち台北の麺の屋台を思い出してしまった。隠し味に何らかの中華素材を使われているのかもしれない。

麺は低加水の細めのストレートで、ぱきっとしたタイプ。デフォルトで硬めに茹でられており、最後まで全く伸びなかった。具はメンマ(塩漬けを戻したものであろう)と青ネギとチャーシュー。

チャーシューが結構存在感があって旨かった。結構大ぶりでほろほろに煮てあり、肉好きの人にはたまらんのではとおもった。


体もほっこり温まったし、この立地ではしっかりしたラーメンを出されていると思う。またツーリングの際にはお世話になると思います。

なおこのあとは雨も強くなったので、ここで引き返しました。笑


美渓

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 南丹市その他

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。