FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン太郎

かつて私が右京区に住んでいたとき、嵯峨野高校の向かいにあるこの店にはよく訪れた。

臭みのないこってりスープが好きで、また夜遅くまで開けておられるので夜中に小腹が空いたときなどにふらりと訪れたのだ。おつまみ系のメニューも豊富で、おつまみをつまんでちみっと飲んでラーメンを最後に頂くと言う使い方も出来た。

ラーメンのメニューもいろいろあり、それぞれこってりとあっさり、その中間のハーフを選ぶことができるので、バリエーションは非常に多い。

お店のおすすめは、赤穂の塩を使った「天塩」だが、私は醤油が好きだった。醤油の、それもこってり。あっさりだとどこか物足りないのだ。


そうして一時期入り浸ったラーメン太郎だったが、右京区からの転居と共にこちらの方に来る機会も無くなったので、転居以降ばったりと訪れなくなった。

ふと懐かしくなり訪問してみたことがあるのだが、何故か決まってお休み。ここは不定休なのだが、よくぞこれだけ不定休を当てられるなあと自分に感心した。


そんな去年の夏の終わり。そろそろまた行こうかと思っていた矢先に、「ラーメン太郎」さんが火事に遭われたというニュースを耳にした。正直いつ再開されるのかと心配していたのだが、12月にリニューアルオープンされたと言う話を聞いて、今回ようやく訪れることができた。


店の外見は随分変わってしまったが、店内のレイアウトはあまり変わっていない印象で、L字型のカウンターとテーブルが二つ。久し振りにカウンターに座ると、ひどく懐かしい感じがするというよりはなんだが落ち着くところに落ち着いたというような安心感に包まれる。ああ、そう言えばこんな感じだったなあ。このカウンターでビール飲んで、ラーメン食べて。

もちろん注文は醤油のこってり。店内獣臭なし。


久しぶりのこってり醤油は粘度も高く、コラーゲンが唇に粘る。おお、これは明日になれば、私の肌はコラーゲンでプルプルになっているのじゃないだろうかと錯覚するくらい。実際は、朝起きても普通におっさんの肌でした。笑


そんなわけで、久しぶりの太郎ラーメンはとても美味しく頂きました。これで禁煙だったら最高なんだが…笑

帰り際に100円割引券を頂いた。昔あったっけ? 笑
しかしこれで随分お得感が増しますね。




日をあらためて、天塩のこってりを頂きました。

やっぱり醤油の方が好き。

天塩は、こってりじゃない方がいいのかもしれないなあとふと思ったり。
またあらためてあっさりの方を食べてみようかな。



ラーメン太郎

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 常盤駅鳴滝駅太秦駅(JR)


スポンサーサイト

桃花春

桃花春でラーメン並(630円)。


この世知辛い世の中、とうとう消費税を取られるようです。私は逆に、よく今まで600円で頑張ってこられたと思う。そんなわけで、今まで600円だったのが630円に。とほほ。


結構久しぶりの訪問。実は何度か訪問しようと試みたのだが、そのたびに何故かすごい行列があり断念していた。行けばわかるが、場所は周山街道の福王子交差点を過ぎたあたりで、もう少し行けば本当に山の中という場所である。こんなところに行列ができていたらちょっと並ぶ気はしません。しかし結構すごい行列だったので、おそらくテレビにでも出たのだろうかなどと考えた。


今回も、行列ができていたらどうしようかと思ったが、全くの杞憂に終わった。いやあよかった。なんだか寒くなってくると、こちらのラーメンが無性に食べたくなったのだ。店内はもちろん獣臭なし。


さっそく並を注文。あまり待たずに麺が登場した。鶏豚骨+醤油のスープに、ほぼ赤身の美しいチャーシューがたくさん並べられている。さっそくスープからいただくが、じんわりと旨い。

スープに溶け込んだにんにくはその臭さがまったくなく、スープに深いコクを与えている。

麺は北海道産小麦を使用した、多加水のぷりぷりな麺。この麺がまた旨い。

チャーシューも、八角などの中華スパイスが効いている上に、ほぼ赤身なので脂だけではない肉そのものの旨みが十全に楽しめる。ここの肉を食べるたびに、私には珍しく「次はチャーシューメンにしよう!」と固く決意するのだが、次回訪問時にはいつもきれいに忘れてしまう。笑


そんなわけで変わらぬ旨さを堪能した。また今後も定期的に通いたいと思う。


桃花春

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 宇多野駅鳴滝駅御室仁和寺駅


笑福屋

笑福屋でラーメン並(650円)。


もともと和食の職人をされていた方が作っておられるラーメンと言う事で以前から気になってはいたのだが、なかなか訪問する機会がなかったのだ。今回縁があり、初めての訪問となった。

お店まで行ってみると、以前住んでいた家ととても近い事に気が付いた。なんで住んでいた時は全く縁がなかったのだろうと思う。近くの新福菜館天神川店や大輝にはよく行っていたのに。あとキムチの星山。懐かしいなあ。


三菱自動車から香るケミカルな香りも懐かしい。一瞬で昔住んでいた時のことを思い出す。



さて思い出はこのくらいにしてお店へ。お店はとても清潔で獣臭なし。セットメニューも豊富に用意されているようだが、麺食いなのでもちろん麺を注文。笑

さてすぐに麺到着。香りは完全に豚のよい香りで、いわゆる「豚臭さ」は全くない。非常に丁寧なスープを作られているのだと思う。麺は棣鄂のストレート細麺。こころもち柔らかめに茹でてある茹で加減も絶妙。京都のラーメンはこうでなきゃ。

さっそくスープを頂くが、醤油ダレを使用した非常に丁寧なスープ。魚介も使っておられると思うが、そちらは完全に「従」で、豚が「主」であることがすぐにわかる。このスープが麺とよく合っており旨い!

具はネギとメンマと海苔とチャーシューだが、このチャーシューが凄い。珍しく皮付きのばら肉を使われており、皮の下の脂肪までとろとろに煮込まれている。正直肉星人ではないのであまりチャーシューに重きを置いていないのだが、こちらのチャーシューはとても旨かった。他に皮付きのばら肉を使われているところはなか房くらいしか思いつかない。たった一枚しかなかったのが残念なくらいで、次回訪問する機会があれば珍しくチャーシュー麺を頂きたくなるくらいだった。


気が付けば汁まで完食。いやあごちそうさまでした。ラーメン以外の分野から来られた職人さんは、やはり一味違う麺を提供されると実感した一杯であった。


笑福屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 西京極駅


坦々麺 海苑

坦々麺海苑で汁なし坦々麺(580円)。


いつのまにか、汁なし麺がメニューにあるという事を知っての再訪。これほどわくわくする訪問は久しぶりかもしれない。それほどにこちらの牛肉麺と坦々麺は旨い。


13時以降の提供と聞いていたので、西院付近で働いている妹と一緒に13時過ぎに訪問した。店の中に入ると変わらず中国であった。

メニューを見ると、汁なし坦々麺と四川あえ麺が共に並で580円。安っ! いやあどちらも旨そうだな。そう、旨いのは今までの訪問でもう分かっているので、今回は妹と二つともシェアすることを前提に訪問したのだ。そうしないと間違いなく連食してしまう。


さて、どちらも旨そう。汁あり麺の方は牛肉麺が好きだったが、さて汁なしはどうだろうか?

などとぶつくさ考えていたら、なんと妹が先に「すんません、私四川あえ麺を」と先に注文しやがった。笑

しょうがない(わけではないが)ので汁なし坦々麺を注文した。しばらく妹と近況報告などして過ごす。まあ、人生いろいろありますねえ。とどうでもよい感想など。


しばらくして麺到着。残念なことに脊髄反射ですぐにぐちゃぐちゃに混ぜてしまったので、具はよくわからず。もやしと肉味噌とナッツ、ヤーツァイとネギ? 笑 などなど。

ぐっちゃぐちゃに混ぜて一口。旨ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ! 脳天まで突き抜ける旨さ! 麺を啜るとまず脳天に突き抜ける辛さ! 辛さだけではない旨さ! そして、がりりと齧る花椒の痺れ! ときおり訪れるナッツの香ばしさ! 全部ひっくるめて脳天を突きぬけ、黄泉の世界から帰還した私は天使になりました。


しかし旨い。あまりの旨さに私は食べながら天を仰ぎ「あきさみよー!」と京都に帰ってきてから忘れかけていた琉球語を思わず放ってしまった。


旨さのあまり茫然としていた私の前にあった汁なし坦々麺は、気が付くと妹に取り上げられ「四川あえ麺」に変貌を遂げていた。気を取り直して四川あえ麺を頂いたがこちらも旨い! ふと横を見ると、妹は口から火を吐きながら汁なし坦々麺を堪能していた。


正直、どちらも甲乙つけがたい旨さ。また、これは明らかにビールに合うだろう。今度は飲める時間帯に存分に頂きたいと思った。



坦々麺 海苑

昼総合点★★★★ 4.8



関連ランキング:ラーメン | 西大路三条駅西院駅(阪急)西大路御池駅


らーめん創房 日本一 ぱこぱこ

らーめん創房日本一ぱこぱこで超煮干中華そば(800円)。


前回訪問して、気になっていた「超煮干中華そば」。ようやく訪問することができた。


注文してしばらくしてらーめん到着。到着時から煮干しの香りが凄い。仕上げに加えられていた油は「煮干し油」だろうか、表面を油が覆っている。「熱いですよ、お気をつけください」とご主人からサーブされたが、たしかに熱々。

さっそくスープから一口頂いた。出汁+油の香りから想像される荒々しい煮干しが口腔内で暴れるのかと思いきや、鶏や節の旨みと意外とよく調和している。これは非常に面白い。少し煮干しの苦みが感じられるが、これはおそらく煮干し油からきているのだと思われるので、あえて苦みを出されているのだろう。これに関しては好き嫌いが分かれるだろうと思う。私はちょっと苦手だったかな。

具はチャーシューとメンマとネギ、そして馬鹿でかい海苔が一枚。麺は多加水のストレート麺。いずれもこのスープとよく調和していた。完成度の高い一杯であった。

総じて完成度の高い面白いラーメンではあったが、私は塩ラーメンの方が好きかな。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。