FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン扇

気が付けば、かなり久しぶりの訪問になっていた。再訪しよう再訪しようと思っていたのだが、昼の営業が13:30までというのがなかなか厳しい条件だったのだ。


というわけで、今回久しぶりの訪問。メニューも営業時間も変わっていないようで、今回も並(650円)を注文した。お冷は以前と同じ、レモン水。店内には全く獣臭はない。

場所的には「堀川寺之内上る」という結構行きにくいところで、アクセスも悪く周りにも微妙に何もない、ただ車の交通量のみが多い場所で、駐車場もないのに結構客が入っているのは実力の程だろう。今回営業時間ぎりぎりに訪れたが、時間を過ぎた客も快く受け入れておられた。


さて今回はぼーっと作っておられる工程をずっとみていたのだが、これがなかなか面白かった。

麺を茹で始め、丼にタレとスープを合わせるところまでは他のラーメン屋と同じ。ただし、この時点ではスープは少なめに入れられる。茹でた麺を丼に入れ、スープに合わせる。その後に、具のチャーシューやネギをもりつけた後に、最後に「スープのみ」を具の上から継ぎ足され、その状態で提供される。


これは面白い。前には気が付かなかったが、このような作り方だと、かき混ぜなければ一番上のスープはタレが入っていない状態で、スープの下の層に行くにつれて味が濃くなっていくような層状構造になっているはずだ。

というわけで、チャーシューは完全にスープの下に隠れている。


まずは全く混ぜずに一番上の層のスープのみ頂いてみた。タレの効いていない、スープのみだけの味だがこれがじんわりと旨い。豚骨の香りはほとんどせず、節の旨みと豚骨の旨みが押し寄せてくる。決して薄くはない、本当にスープのみの旨み。魚介はさほど強くもなく、主はしっかり豚骨。

次に麺をそっと持ち上げて頂く。食べ進めるうちに、徐々に味が濃くなっていくのだが、塩分の強さは最後まで全く感じない。

チャーシューは全く白身のない、赤身のみで食べごたえは十分。残りの具はネギとメンマ。

そんなわけで、最後までとても美味しく頂いた。


上記の工夫を知らず今まで食べていたが、こう言った「仕事」をされているところは、時に「うちの作り方はこのようになっています。ぜひ一口目は混ぜずにスープから飲んでください」などと客側に食べ方を強要してくることもあるが、そういった押し付けがましいところも全くないのがとても好感が持てた。そう、前回までは、知らなかったにもかかわらず美味しく頂けたのだ。もちろん、知ってしまったあとの方が楽しみは増えたが。

また、豚骨から作ったスープはイノシン酸リッチではあるがグルタミン酸に乏しく、したがってどうしても「グルタミン酸ナトリウム」に頼らざるを得ない店が多い。無化調を売りにされている向日市の名店「味見鶏まるめん」さんですら、豚骨ラーメンには化学調味料を使用されていることを明言されているくらいなのだが、こちらのお店のようにしっかり魚介スープを加えれば、グルタミン酸に頼る必要もない。ので、化学調味料は、全く未使用か、あるいはほとんど使っておられないと思う。食べ終えた後の胸やけも一切なかった。


そんなわけで、今回の訪問では結構感動した。スタンプカードも発行されており、スタンプが久しぶりに一つ増えた。笑 またなんとか営業時間内に訪問したいと思う。

評価も4.0→4.3へと上方修正させていただきました。


ラーメン扇

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:ラーメン | 鞍馬口駅今出川駅


スポンサーサイト

ラーメンさのや

ラーメンさのやで深味醤油ラーメン大(750円)。


ほぼ定点観測になりつつあるこちらのお店。今回こそは、と同じ値段の「背脂醤油」と迷ったのだがやっぱり定番の「深味醤油ラーメン」を選んでしまう。笑 しかも大。いつも大。並でもボリュームはあるのだが、もっと欲しくなってしまうのだ。

いつもどおりに澄んだスープ。はじめからふられている胡椒もとてもよく合っている。いわゆる昔ながらの「中華そば」なのだが、それだけではなくブラッシュアップされており、複雑に入り組んだ旨みがそうとは思わせないくらいあっさりとお腹の中に納まる。醤油のエッジが良く効いているが塩辛さを感じないぎりぎりの塩分濃度。

「純文学的」な、まさに正統派の一杯。相撲で例えるとがっぷり四つというか、将棋で例えると相矢倉というか、なんだか自分でも支離滅裂な気がするのでこの辺で止めておこうと思う今日この頃。

今日も美味しく頂きました。ごちそうさまでした。


ラーメン さのや

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ラーメン | 今出川駅鞍馬口駅


是空

是空でトロなんこつラーメン(800円)。


先日の高安訪問から、返す刀で是空へ。ちょっと確認したいこともあったのだ。

注文は、まだ未食の「トロなんこつラーメン」をチョイスした。


しばらくしてラーメン到着。ビジュアルは、普通のラーメンと比べると串刺しのネギがないことと、チャーシューの代わりに「トロなんこつ」が入っていること。チョイ辛のソース(おそらくトロなんこつを煮込んだ煮汁)がかかっていること。

さて、今日確認したかったのは「高安」とのスープの違い。さっそく一口スープをいただくが、やはり是空の方が濃厚。昔の高安の味にそっくり。麺を啜る手を少し休めると、たちまち表面に膜が張って来るほどの濃厚さ。先日の高安はこれはなかった。

前回は塩気を強く感じたが、今日はちょうどよい塩梅であった。正直これは旨い! かつて高安に通い詰めた日々をたちまち思い出してしまった。

「トロなんこつ」だが、おそらくこれは肋軟骨の部分だろう。よく煮込まれていて、軟骨部分がトロトロで旨い。いわゆる沖縄での「軟骨ソーキ」だ。これまたある意味懐かしい一品だが、軟骨がトロトロで肉もホロホロで旨い。

と、非常に面白い一杯だった。今のところリニューアルしたのはいい方向に向かっていると思いますよ店長さん。また食べに行きます。


ラーメン てんぐ 西陣店

ラーメンてんぐ西陣店で塩ラーメン(650円)。


何度か訪れていたてんぐさん。いつも醤油ばかりだったので、今回は初めて塩を試してみることにした。


塩ラーメン。醤油との違いはもちろんタレだが、スープにゴマが入っていることと、水菜がトッピングされているのも違っていた。一口頂くがやはり旨い! 醤油よりも塩の方がまろやかに感じるし、ゴマも面白い。

杉千代には塩ラーメンがなかったと記憶しており(少なくとも私は食べた記憶はない)、ようやく杉千代と比較してしまう呪縛からは逃れられたと思うが、どこか物足りなさが残るのは何でだろう。スープは旨いし麺も好み。チャーシューもとろとろだし、ネギも入れ放題(乾いているときもあるけど)で自分の好みからは余り外れていないのに。


ずっと考えているがよくわからない。わからないからきっとまた食べに行くのだろうな、と思う。



ラーメン てんぐ 西陣店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 今出川駅鞍馬口駅北野白梅町駅


らーめん 彦さく

らーめん彦さくで油淋鶏冷麺(830円)。


彦さくメニューコンプリートシリーズ。というわけでもないが、真夏日が続くクソ暑い中、さっぱりしたものがいただきたいと思い、こちらの冷麺を思い出し訪問。


メニューを見ると、冷麺は「ごま冷麺(850円)」と「油淋鶏冷麺(830円)」の2種類。100円アップで大盛りも選べるが、食欲もあまりないので麺の量は並にした。なんとなく油淋鶏に興味が惹かれて油淋鶏冷麺をチョイス。


しばらくして麺がやってきた。ビジュアルは冷たく締めた麺の上に、小ぶりの油淋鶏が4つ、半熟卵、わかめ、プチトマト、そして白ネギときゅうりを細切りにして合えたものが乗っている。「お好みでどうぞ」と芥子も出てきたが、私は最後まで使用しなかった。

油淋鶏というと、鶏のもも肉を1枚丸ごとザーレンで油をかけながらパリパリに揚げたものをまず想像するが、こちらのはむしろ一般的な「唐揚げ」にビジュアルは近かった。しかもおそらく胸肉。ただし油淋鶏とは揚げ方で定義されるので、こちらのものはおそらく揚げ方が「油淋鶏」なのだろう。

しかし一口いただくと揚げたてで、衣もほとんどなく肉のうまみがしっかり感じられて旨い。

次に麺をいただく。たれは酸味が程よく効いた醤油ベース。この酸味は酢橘だろうか? 酸味自体がぎりぎりの強さで、これ以上強いと食べにくいと思うが非常に塩梅がよくさっぱりいただけた。これはお酒が欲しくなるな。


そんなわけで美味しくいただいた。次回はごま冷麺をいただこうと思う。


らーめん 彦さく

夜総合点★★★★ 4.3

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:ラーメン | 今出川駅鞍馬口駅北野白梅町駅


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。