FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拳ラーメン

今回は「汁なし坦々麺」をいただきました。850円。


レギュラーメニューは一通り頂きたいと思っていたので、今回は汁なし坦々麺を頂くことにした。

店内に入ってカウンターに座る。私の周りの方は、限定のつけ麺を食べている方ばかりだったが、初志貫徹ということで「汁なし坦々麺」を注文した。

しばらくして麺が登場したのだが、これが凄いボリュームで、食べる前から驚いてしまった。麺は太めの縮れ麺で、トッピングも紫玉ねぎやネギ、ナッツなど多彩。そして上には真っ赤な粉唐辛子がかかっている。

「よくかき混ぜてからお召し上がりください」とのことなので、さっそくまぜまぜして頂いた。ボリュームがあるので、混ぜるのですでに一仕事した気分。

一口頂いたが、これは旨い! 「麻」も「辣」もちょうど良いくらいで、辛すぎず痺れ過ぎずのほど良いバランスに、太めの縮れ麺が良く絡む。薄切りスライスされた玉ねぎの別の辛さやナッツの香ばしさも加わり、重層的な旨さが押し寄せる。夢中でわしわしと頂いた。

しかしボリュームも凄い。正直完食は難しいかも、と思ってしまったが、結局はぺろりと頂けた。普通の大盛りレベルはあると思うし、この量なら「大盛りはできません」という断り書きも納得できる。


そんなわけで美味しく頂きました。食後は唇のびりびり感が程好い余韻を残した。また他のメニューも頂いてみたいと思う。


拳ラーメン

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 丹波口駅


スポンサーサイト

すみれ 京都店

「すみれ」でラーメンを頂くのは、実は3回目になる。


初めて食べたのは、横浜のラーメン博物館であった。この時、博物館内で最も長い行列が出来ていたのが「すみれ」だった。せっかく来たのだから…、と普段は行列に並ぶことのない私も良く並んだ。

そこで初めてすみれのラーメンを頂いた。この時の衝撃は忘れない。今まで食べたことのある味噌ラーメンとは全く別次元の濃厚さと旨さ。表面に覆われたラードがいつまでもスープを熱々にしていた。味噌ラーメンの経験値があまりなかったということもあり、私は素直に感動したものだった。


2回目は、その数年後だったと思う。大丸の「北海道展」だったと記憶しているのだが、すみれが出店するという話を聞きつけてわざわざ大丸まで行った。器こそ発泡スチロールの器であったが、横浜で出会ったあの「味噌ラーメン」に京都で再会できただけでも嬉しかった。


そして今回が3回目。


______________________

「客から逃げる店」

昭和30年。札幌のラーメン屋「味の三平」で、味噌ラーメンが考案される。それまでしょうゆと塩ラーメンが主流だった札幌ラーメンの「味噌ラーメン」の歴史はここから始まった。なお、「客の要望で豚汁に麺を入れたのが始まり」というのは都市伝説だそうで、「味の三平」さん自体が否定されています。


昭和39年8月、北海道札幌市。それまで主婦をしていた村中明子さんは、「商売がしたい、美味しいものを作ってみんなに喜ばれたい」という思いから、家の軒先でラーメン屋を始める。もともとは別のラーメン屋が入っていたのだが、契約を更新しないと言うことで、それならば…とご自身で店を始められたそうだ。屋号は姓名判断で見てもらい「純連(すみれ)」とした。それまでは比較的あっさりとしたラーメンが主流だった時代に、濃厚でラードたっぷりの熱々ラーメンを掲げて開店された。

オープン初日はたった4人しかお客さんは来なかったそうだが、徐々に人気を呼んだ「純連」のラーメンは、そのうち札幌でも屈指の人気店になっていたそうだ。

そんな人気店となった「純連」は、昭和57年6月末に突然閉店する。きっかけは、村中家の引越しそのものと、明子さんも股関節に持病を持っておられたためであった。閉店の告知もわずか1週間前からしか行わなかったということで、多くの常連客には「突然店が消滅した」という印象を残した。

当初は、持病の件もあり再開の予定は全くなく、村中さんも普通の主婦に戻った。しかしラーメンへの思いを捨て切れず、ご主人の反対を押し切って、昭和58年8月に全く違う場所で小さな店を再開する。屋号は「純連(じゅんれん)」。もともとは、看板に「すみれ」とふりがなを振っていたそうだが、とれてしまい。客も「じゅんれん」を呼ぶようになったから、そのまま屋号としたそうだ。

再開した店は再び評判を呼び、たちまち人気店となったが、村中さんの体調が回復したわけではなかった。そんなわけで、長男にラーメンの作り方を教えて、ご自身はいったん引退される。長男が別の場所で「純連」を開店した後、この小さな店はまたひっそりと閉じられた。

その後、三男もラーメン作りを継承され、こちらはひらがなで「すみれ」を開店された。横浜のラーメン博物館に出店されたのはこちらで、この京都のお店は、この「すみれ」の支店にあたる。


__________________________


注文したのはもちろん味噌ラーメン。900円という値段は結構強気だが、本店は850円らしいのでテナント代も考えるとさほどボっているわけではなさそうだ。

久し振りに対面したすみれのラーメンは、やっぱり熱々で独特の香りがする濃厚なスープで、こんな寒い時にはとてもよく合うと思う。以前の味は、さすがに随分と日がたつので忘れてしまったが、印象としてはさほど大きな差は感じなかった。敢えて言うなら、ラーメン博物館で食べた時はもっとラードの層が厚かったような気がする。

このラーメンをすすりながら、機会があれば、すみれや純連を含めて「札幌味噌ラーメンツアー」をそのうち決行したいと考えた。えっ札幌に行ったら他の旨いもん食えって? そうですよね。でも麺が好きなのです。笑

嗚呼まだまだ食べたいものいっぱいあるなー。


すみれ 京都店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 京都駅九条駅東寺駅


坂内食堂 京都店

坂内食堂で喜多方ラーメン(580円)。


パスポートの更新が必要になったので、京都駅へ。

普段は、京都駅付近に来ればたかばしの2店や萬福で食事をすることが多いのだが、今回は久しぶりにラーメン小路に行ってみることにした。たぶん、ラーメン小路が出来た時以来なので、随分と久しぶり。

こちらはいろんなお店があるが、行くのであれば食べたことのない喜多方ラーメンと決めていた。そんなわけで、迷うことなく坂内食堂へと足を運んだ。これまた中途半端な時間だったためか全く行列なしで、すぐに店内に入ることができた。獣臭は全くなし。

チャーシューには正直なところあまり興味がないので、名物の焼き豚ラーメンではなくドノーマルな喜多方ラーメンを頂くことにした。「ランチタイムには、半ライスを無料でお付け出来ますが」と言われたが、正直麺にしか興味がないので丁重にお断りした。


店内に入った時に、次回来店時にチャーシューを一枚増やすことができるサービス券を頂く。580円でこんなサービスまでしていただいて、なんだかすごいね。テーマパークでこれだけのサービスは珍しいのではと思ったが、今はそうでもないのかな。

なんてぼんやり考えながら麺を待っていると、カウンターの隣で食事されていたお嬢さんが麺を食べ終えて
「ごちそうさまでした…(ここで私に突然にっこりと語りかけ)もしよければ、このサービス券どうぞ」
と、チャーシュー増しのサービス券をプレゼントしていただいた。しかもなぜか2枚。

突然のことだったので私はうろたえてしまい
「こ、これはどうもありがとうござりまする」などとしどろもどろに答えてしまった。あの時のお嬢さん、どうもありがとうございます。これは日頃の行いが良いせいなのか、あるいはひもじく見えたのだろうか。

しかしお一人で食事されていたのに、なぜ私に2枚くれたのだろうか。謎だ。これはきっと、彼女もサービス券を1枚、隣の席の方からもらったのかもしれない。しかし近いうちに再訪はあるのかどうか?

というわけで、私も隣の方に私の分も含めて3枚のサービス券を差し上げようかと思ったが、中途半端な時間だったので後客はなかった。残念だ。


気が付くと私のラーメンがサーブされていた。何故か断ったはずのライスも付いている。他の方の注文と間違われていると困るので、確認したが私の注文に間違いないようだ。「ライス下げましょか」と言われたが、せっかくなので有り難く頂きます。ちなみに漬物も付いていた。


さっそく一口スープから頂いたが、とても優しい味わい。あまり強く煮出していない豚骨のスープに、多加水のもちもち縮れ麺が良く絡む。チャーシューもサービスしたくなるくらい旨い。いやあ、普通に旨いやん!


せっかくライスも付いてきたので、久しぶりに「秘技ラーメンライス」を繰り出すことにした。


1.肉米汁

最もノーマルな技。肉を頬張り、米を咀嚼する。途中でスープを飲むと口の中で一体化した旨さが楽しめる!

2.麺肉米汁

1に、はじめから麺を加えておくと言う「ダブル炭水化物」を楽しむ技法。麺を咀嚼しながら肉を口の中に放り込み、僅かな時間差で米を投入する。米と麺の食感も違ったダブル炭水化物を堪能!

3.麺米汁麺米汁肉米汁

今度は、はじめは肉を入れずに麺と米のコラボレーションを楽しみ、途中で味変として肉を投入する技法。よりダブル炭水化物!

4.麺麺米麺汁麺肉麺

今度は、基本的に麺を食べつつ、途中で米と肉を挟むという、「麺重視」な技法。やはりラーメンライスは麺が旨い!

5.あとはご自由に…。


そんなわけでラーメンライスを堪能しました。パスポートの申請も無事終わり。さてパスポート受け取りの時にはどの店に行こうかな…。


坂内食堂 京都店

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ラーメン | 京都駅九条駅東寺駅


本家 第一旭 たかばし本店

本家第一旭たかばし本店で肉なしラーメン(500円)。


前日に飲みすぎた日の朝。普段私は健康と美容のために朝食は食べないのだが、昨晩はつまみもそこそこに大いに飲み倒してしまい、朝から二日酔い及びあり得ないくらいの空腹になっていたので、久しぶりに朝からラーメンを頂くことにした。

そんなわけで、早起きしてたかばしの第一旭へ。早朝にもかかわらず行列が出来ており驚く。お隣の新福菜館には行列なし。昔は逆に、新福の方に行列があったのに。


しかしモードは完全に第一旭なので、列に並ぶ。幸い回転もよく、あっという間に店内へ案内される。朝から食べる時は、いつも肉はいらないので「肉なし」をチョイスしており、この日も肉なしを注文した。


あまり待たずに麺提供。いつも通りの優しい味わいに、胃も心も癒される。あーやっぱ旨え! ここのスープを飲むと二日酔いも一発で吹っ飛ぶ。間違いのないいつもの味は、やはり間違いなく私にとっての「ソウルフード」であった。



本家 第一旭 たかばし本店

夜総合点★★★★ 4.5

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 京都駅七条駅九条駅


新宿めんや 風花

新宿めんや風花で天然塩らーめん並(700円)。


久しぶり。本当に久しぶり。2001年開店で、その時は京都でほぼオンリーワンだった塩ラーメンは、今やいろんな店で出されるようになった。

こってりが大好きな京都人に、果たして塩ラーメン専門店が受け入れられるのか? 「新宿」が入った屋号も挑戦的だった。あっという間に消え去るのか。あるいは、じわじわとこの京都で受け入れられていくのか。結果的には後者になったという事だ。



開店直後に私は数回訪れた。正直好みではなかったが、旨かった。

そう、「好みではなかった」。

まだ若かった私は、こってり系のラーメンが得意だったし、注文するのもいつも大盛りだった。たぶん若い人には「上品すぎた」のだろうと思う。

それでも何度も通った。中毒性はないが、確かめておきたくなる味。風花は私にとってそういう店だった。



その後私は京都を離れた。それからいろいろあって京都に帰ってきて、ようやく風花に再開した。たぶん、約10年ぶり。こってりの好きだった若者はその間にいろんな食べ物を食べ、そしてその分だけ歳をとり、体が欲する好みも変化した。


ほぼオンリーワンであった「塩ラーメン」も、この間にいろんな店が出来た。風花とほぼ同時期だったと記憶しているが、八幡に出来た「ぴっかり食堂」にも通った。京都に帰って来てからも、京都の外からやって来た塩元帥や龍旗信など、多彩な塩ラーメンが展開されていた。私もいろいろと食べさせて頂いた。山崎麺二郎の塩はとても旨かったし、塩ラーメンを標榜してはいないが伊佐夫の塩ベースの麺もとても旨い。今は京都で本当にいろんな塩ラーメンが食べられるようになった。

そしてようやく風花に帰って来た、という気がする。さて久しぶりに食べてみて、今度はどう感じるのだろうか?


注文はもちろん天然塩らーめん並一択。ピークを過ぎている時間帯だったためか、結構すぐに出てきた。



まずはスープを一口頂いた。複雑な旨みが口腔内に押し寄せたが、同時に私はなぜか沖縄を思い出してしまった。なぜ沖縄だろうか? 沖縄で食べた塩ラーメンに似ていた? しかしそんな店はなかったと思う。あるいは沖縄そば? 沖縄そばは豚+カツオでまったく味の組み立てが違う。塩は沖縄の塩を使っておられるようだがそこまで大きく違いがあるとは思えず。私は普段自宅では沖縄の塩を使っているが、沖縄の塩をなめても沖縄を思い出すことはない。もう一口頂くが、やはりなぜか沖縄を思い出す。沖縄の青い海。なんでだろうか? 似たような店があったっけ? あるいはこの魚介の旨みが沖縄を思い出させたのだろうか。

スープは熱々。口の中をやけどしそうでふうふうしながら頂く。メンマも肉も塩スープを壊さないように作られている。あとはネギとほうれん草。そして海苔。

麺は多加水のぷりぷりの麺で、これがスープとよく合う。


そんなわけで、夢中で頂いた。とても旨い一杯だったが、こちらの麺も伊佐夫さんと同じで非常にどっしりとした満足感が強かった。凄いご馳走を毎日食べられないように、毎日頂く麺ではないなあと思う。またこの満足感が切れた頃に再訪したい。


新宿めんや風花 本店

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 四条駅(京都市営)烏丸駅五条駅(京都市営)


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。