FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大黒ラーメン

大黒ラーメンでラーメン(470円)。


伏見方面を訪れた際は、だいたい大黒ラーメンに落ち着くことが多い。旨さも安定しているし、その驚異的なコストパフォーマンスの良さは他の追随を許さないものがある。なんといっても470円である。しかも帰り際には100円割引券がもらえるので、次回からは実質370円で頂ける。驚異的な値段設定だ。

かといって味の方も落ちるわけでもなく、非常に旨い。臭みの全くない鶏ガラ豚骨醤油スープは、まさしく「ザ・スタンダード京都ラーメン」と呼びたい逸品である。いつも思うのだが、ここのラーメンこそ、いわゆる京都ラーメンの最大公約数だと思う。シンプルで飽きの来ない味である。

麺もデフォルトではやや軟らかめなのも京都っぽい。まさしく京都スタンダードだ。

京都では、ラーメンに限らずうどんなども、麺類は総じて柔らかめに茹でてある。麺のコシを楽しむというよりは、その方が出汁をよく絡めるからだと思う。初めての訪問時にも脊髄反射で「麺固めで」と注文される方は、なぜ京都の麺類が軟らかめに茹でてあるのか考えてみてもよいのでは、というも思う。この店でも、麺は少し柔らかめが一番旨いと思う。

なお、焼き飯も220円とぶっちぎりの安さで、初めて訪れる方は目を剥くのではないか。

昼どきに限らずどの時間帯でも結構繁盛しており、店の横にある駐車場3台分もあっという間に埋まってしまうが、その時は中から店員さんが出てきて、近所の駐車可能なスペースに誘導してくれる。近所の方から文句が出ないということは、近所付き合いもしっかりしているのだろうと思う。また、多少並んでいても回転も早いので、すぐに食べることができる。

いつまでも営業していてほしい店の一つである。


大黒ラーメン




関連ランキング:ラーメン | 桃山御陵前駅伏見桃山駅近鉄丹波橋駅


スポンサーサイト

野村屋

野村屋で耳うどん(740円)。


出合いは全く偶然だった。たまたまニュースで、京都の祇園に「うどんミュージアム」なるものが出来たということを知った。興味を持ったので、さっそくウェブサイトを訪れてみるとこの耳うどんが一番人気であった。それまでは、耳うどんの存在すら知らなかった。

まずは見た目のインパクトが強い。一見すると、麺と言うよりは厚めのワンタンみたいである。むしろこんなパスタがあったような気がする。というわけで、非常に興味をそそられた。そしてその直後に、たまたま佐野市に出かける用事があったため、「麺食い」としてうどんミュージアムではなく本家本元の「耳うどん」を試してみることにしたのだ。

本当は佐野ラーメンにも非常に興味があったが、スケジュールの関係から今回は耳うどんのみになった。佐野ラーメンの方は、また期間があればぜひ試してみたい。

そんなわけで野村屋へ。初めての訪問なので、普通の「耳うどん」を注文した。昔からある食堂のようで懐かしい感じもあり、なかなかにくつろげた。

しばし待つと、お目当ての「耳うどん」が到着。器が結構豪華で大きく、期待が膨らむ。

耳うどんは結構な量が入っている。出汁は椎茸の香りがつよく、ゆずも乗っており醤油味となっている。具は伊達巻にかまぼこにわかめ、なると、カニかまなど。京都のうどんミュージアムの写真にはネギが乗っていたが、こちらの耳うどんにはネギはなかった。

耳うどんはもっちりしていてつるんと喉を通って行く。これは旨い。結局最後まで飽きずに頂くことができた。

この耳うどん、非常に面白いと感じた。いつになるのかわからないが、また訪れる機会があればもう一度食べてみたい。


野村屋




関連ランキング:うどん | 佐野駅佐野市駅


てうれ

てうれで味噌ラーメン(450円)。


一時期てうれのすぐ近所に、ごく短期間ではあるが住んでいたことがある。まだ山さんラーメンは滋賀県に移転しておらず叡山電鉄の線路近くで営業されており、唐子ラーメンから独立した東龍が白川通り沿いに開店したばかりであった。そのころに普段使いしていたのがここ「てうれ」である。

普段使いと言っても、もっぱら味噌ラーメンばかり食べていた。他のラーメンも試しては見たが、あの太めのぷりぷりした麺はなんといっても味噌ラーメンによく合う。そんなわけでいつも味噌ラーメンに落ち着いた。なんと言っても値段も安い。

おなかいっぱいになりたいときには山さんラーメンに大盛を食べに行き、深夜には3時まで営業しているあかつきへ。東龍はいつも行列が出来ていたのであまり食指が動かなかった。天城もそういえば近くにあったがなぜかあまり訪れなかった。

上記以外の場合はだいたいてうれで落ち着いた。味噌ラーメンばかり食べていても、不思議なことに全く飽きがこなかった。

その頃よりは頻度は減ったが、今でも突発的にてうれの味噌ラーメンが食べたくなるときがある。値段もそのままの安さで味も変わらず、いつ訪れても懐かしさに溢れる一杯である。


てうれ




関連ランキング:ラーメン | 茶山駅元田中駅一乗寺駅


博多っ子

博多っ子でトロうまラーメン(700円)+替え玉(150円)。


今まで不思議と機会がなく、今回初訪問となった。

とてもきれいで清潔感のある店内には、獣臭は全くない。店内も完全禁煙で好感が持てる。この時点で、味の方も間違いはなさそうだという確信を持った。

メニューを見ると一番押しは「トロうまラーメン」のようだ。張り紙を見ると、「感謝祭」ということで、今だけ限定で野菜ラーメンが500円というセールをしているようだが、なんせ初めてなので今回はトロうまラーメンを選択した。麺は細麺を選択。

やってきたラーメンは乳白色の美しい豚骨スープ。やはり獣臭はなく、良い香りしかしない。麺はまるで髪の毛のような極細麺で、パスタの極細麺であるカペッリ・ダンジェロ(Capelli d'angelo)を想像させる。この細さはまるで博多だ。

さっそくいただくが、極細麺は硬さ指定をしていないにもかかわらず、パキッとした歯応えが心地よく非常に旨い。夢中で麺を啜っているとたちまち無くなりそうだったので、追加で替え玉を注文した。

替え玉には高菜を入れて楽しむ。少し味が変わり、これまた美味しくいただいた。

というわけで、非常に満足度も高かった。次回は普通麺も試してみたい。


博多っ子




関連ランキング:ラーメン | 鞍馬口駅北大路駅北山駅


是空

是空でラーメン(700円)。


ここは一乗寺にある「高安」の2号店である。昨年の4月に開店したのだが、なんだかもっと時間がたったような気がする。開店直後に訪問して以来、今回久し振りの訪問となった。

また次回高安を訪問した時に詳細を書こうと思うが、以前高安から歩いて30秒くらいの所に住んでいたことがある。まだ高安が東大路通りから一本西の通りで開業されていたときだ。初めはご主人と奥さんとの二人で営業されていた。そのころから腹を満たしに良く通ったものだ。いつも唐揚げも注文し、食べきれない分は持ち帰って次の食事のおかずにしていた。入店した時の「いらっしゃいませー!」というご主人の少し高めの声と、奥さんの元気な声を昨日のことのように思い出す。

その後、高安はたちまち行列のできる店となり、店舗も東大路通り沿いに移転した。私も一乗寺から転居したため、しばらくご無沙汰になっていた。

さて、そんな高安の2号店である。これは期待しないわけにはいかない。かつて毎日のように通い詰めた高安が、どんなラーメン屋を展開してくるのだろう。

そんなわけで、昨年の開店直後に訪問した。値段は高安より高い700円に設定されている。ラーメンは、スープこそ高安そのものであったが、麺が平打ち麺になっており、チャーシューではなく薄切り肉を甘辛く煮込んだものが乗っていた。レンゲではなく銀のスプーンに、銀の箸。上には食べるラー油みたいなものもかかっていた。

と、スープ以外のパーツがかなり高安と違っていたのだ。しかし、旨ければ全く問題はない。というわけで一口食べてみた。麺は非常に面白いし、これはありだと感じたが、他は残念ながらいまいち。肉もわざわざ薄切り肉にしている意義を感じられない。問答無用に添加されるラー油も、個人的な好みは分かれるだろう。そして、銀の箸とスプーンは使いづらかった。

そんなわけで、そのときの印象はあまり良くなかったのだ。あれから時間もたち、再度評価しておきたいと考えての再訪となった。


店内に入ると、女性客ばかりで驚いた。コンセプトが受け入れられているのだろう。

もちろんラーメンを注文。出てきたラーメンは、スープと麺、そして肉は変わっていなかった。銀のスプーンは普通のレンゲになっていた。そして食べるラー油がなくなり、揚げた麺が代わりに乗っていた。

食後感は…。うーん、これだったら遠くても高安の方に行くな…。麺はやはり非常に面白いが、揚げた麺の存在意義がよくわからなかったし、値段も高安より高いし。そういうことを含めて考えると少し遠いが高安に行った方がいいかな。とちょっと厳しめの評価になってしまった。

ただし、この1年でいろいろ試行錯誤されており、2号店ということで、あえていろいろ実験されているのかもしれない。さすがに高安本店では実験できないだろうし。また新たなスタイルを試されるようであれば再訪しようと思う。



是空




関連ランキング:ラーメン | 今出川駅


西陣 鳥岩楼

西陣鳥岩楼で親子丼(800円)。


初めに書いておくが、ここの親子丼は絶品である。言うほど親子丼を食べ歩いたわけではないが、ここより旨い親子丼があれば教えてほしいくらいだ。

もともとは水炊きのお店だが、昼だけ親子丼を提供している。もちろん予約すれば昼も水炊きを楽しめるようだが、残念ながら水炊きはまだ頂いたことがない。

メニューは親子丼一品なので、何も言わずに人数分親子丼が出てくる。鶏のスープ付きなのだが、水炊きの店だけあってこのスープもまた旨いのだ。

店を訪問すると、二階へ案内される。運が良ければ、西陣町屋の内庭を一望できる窓際の席を確保することができる。この景色だけでもご飯三杯くらいいけそうなくらいの落ち着いた雰囲気がある。風情を楽しんでいれば、待ち時間も全く苦にならない。そういえば、「京都人は知っている」で有名な作家の入江敦彦氏の実家もこの辺だそうだ。

客は観光客と思しき方が多く、特に修学旅行生が目立つ。昼食のコースの中に組み入れられているのだろうか。時にはグループで入店した修学旅行生団体の中の一人が「やっぱオレ、親子丼やめとくわ」などと言い出してグループの中で揉め始めるのを見ることもあるが、これもまた風情。

しばし待つと親子丼の登場。スープはまったりと旨く、親子丼は卵の旨みがとても強く、味付けもみりんと醤油で強めに付けてあるが、あれだけ卵の味が強ければ、味付けもこれくらい濃いめの方が良いと思う。

絶品の親子丼だが、ただ一つだけ不満があるとすれば、それは量が少ないということだ。もちろんわかっていて食べに行くし、大盛メニューなどは期待しないが、成人男性には少ないなぁ。女性にはちょうど良いくらいだろうと思う。

そんなわけで、金土日であれば、少し歩いたところにあるパン屋「プチメック」まで歩いてパンを買い、腹の足しにする。これもまた幸せ。


西陣 鳥岩楼




関連ランキング:鳥料理 | 今出川駅鞍馬口駅北野白梅町駅


志七そば 吉田屋

志七そば吉田屋で志七そば(600円)。


この店はいろいろと謎が多い。

まず、非常に旨いのにいつ伺っても混んでいるのを見たことがない。にもかかわらず、店員さんは少なくても3人はいる。給料払えているのだろうかなどと大きなお世話なことを考えてしまう。スープや麺もかなりお金がかかっていると思われるのに、1杯600円である。儲かっているのだろうか。これこそ余計なお世話か。

メニュー構成もしばしば変化する。以前は志七そばと志七そば濃口だったが、今は濃口がなく、その代わりにこってりとこっちゃりがあった。

久し振りの訪問だったので、店名にもなっている志七そばを注文。久し振りの一杯は、まず濃厚な魚介出汁の香りがガツンとくる。麺は極細のストレート麺で、おそらく全粒粉だろう。一見日本そばのようであり、なめらかに口の中に入ってくる。

この細さはあっという間にのびそうに見えるが、意外とふにゃふにゃにはならない。細いのでわかりにくいのだろうが、食べ進んでもしっかり「ぷつり」とした噛みごたえが残る。しかし大盛だとさすがに最後の方はふにゃふにゃになる可能性があるので、たくさん食べたいときは替え玉(+150円)の方がよいだろう。小麦の香りもしっかり感じられ、この麺であれば動物が濃厚なスープよりは魚介の効いたスープの方がよいだろう。

スープははじめは魚介出汁がガツンとくるが、食べ進むうちに動物出汁のコクが感じられるようになってくる。主に鶏だろうか、豚の要素はあまり感じない。もしこれで豚も使用されているのであれば、量が少ないのか煮出している時間が比較的短いのか。ものすごい弱火で豚の風味が出ないぎりぎりの出汁を取っているのか。

そして、魚介出汁と動物出汁の比も絶妙である。無化調でこれだけしっかりとした出汁を取っていれば材料費は結構かかっていると思われるが、1杯600円で回収できているのだろうか。化学調味料に慣れた舌には物足りないかもしれないが、飽きのこない味である。

今回は注文していないが、セットメニューも学生向けで結構安めの値段設定だ。ご飯大盛も追加料金なしなので、しっかり満腹になることもできそうだ。

とにかく不思議なラーメンであるが、非常に旨い事だけは間違いない。いろいろと謎の多い店だがいつまでも営業してほしいものだ。


志七そば 吉田屋




関連ランキング:ラーメン | 元田中駅

桃花春

桃花春でラーメン大(800円)。


一時期仕事の関係で京都を離れていたことがあったのだが、京都に帰ってきてまっ先に食事をしたのがここ桃花春であった。大量の荷物に途方に暮れるはずだったが、桃花春でラーメンを食べるということを楽しみに引っ越し作業をすすめ、こちらでラーメンをいただいて活力をいただき荷解き作業に戻ったのを思い出す。

ここは本当に周りに何もないので、ラーメンを食べるという目的がないとまず訪問できないが、それでもいつも多くの客でにぎわっている。みなさんわざわざラーメンを楽しみに来ているのだ私を含めて。

今回は空腹であったのでラーメン大を注文。いつもどおりぷりぷりの麺とほのかに香辛料の香りがするチャーシュー、そして生にんにくではなくスープにしっかりと溶け込んだにんにくの風味が絶妙なスープ。今回も美味しく堪能させていただいたが、大にすると相対的にスープが少ないと感じる。並だったらちょうどよいくらいなのだが。


桃花春




関連ランキング:ラーメン | 宇多野駅鳴滝駅御室仁和寺駅

京都塩元帥

京都塩元帥で天然塩ラーメン(680円)。


そもそもこの日はなぜか「塩ラーメン気分」だったのだ。もう他のものは受け付けない、完璧な「塩ラーメン」モードだった。昼までには仕事を終えて、その後悠々と塩ラーメンを楽しむつもりだった。

のだが、そんな日に限って仕事が長引いてしまった。ようやくひと段落して、某イオンモールの近くにある某店に向かったら見事に昼営業を終えた中休みであった。ちゃんと営業時間を確認しておかなかった自分が明らかに悪いのであるが、閉まっている店の前でしばし頭が真っ白になってしまった。

気を取り直して考えた。これだけ朝から塩ラーメンモードだったのだ。もう胃袋は塩ラーメン以外の侵入を許さないであろう。しかしまともな頭で考えたらこの時間帯に開いている店なんてしかも塩ラーメンでこの付近で・・・。

・・・あった。通し営業している塩ラーメンの店が。

まさしく一筋の光を見つけたような気分であった。それがここ塩元帥である。

実はここを訪れるのは初めてではなかった。駐車場も広いし接客も気持ちいい。もちろんラーメンも旨い。キムチのサービスもあり、ランチではセットメニューも充実していてしっかりと空腹を満たしてくれる。しかし、その後の印象がなぜか薄いのだ。店を出れば忘れてしまうラーメン。そんな印象があった。

ので、再度の検証も兼ねて訪問した。中途半端な時間帯にもかかわらず店外で待っている人あり。人気の程がうかがえる。

回転も早いもので、すぐに入店することができた。もちろん店の大看板である塩ラーメンを注文。っていうか、この日はこれ以外のメニューを胃袋が受け付けないのだ。

待っている間は食べ放題のキムチで時を過ごす。運転する必要がなければもちろんビールだが、残念ながらこの日は断念。

ようやく恋い焦がれた塩ラーメンがやってきた。嫌な臭いもなく、一口すすると滋味あふれるスープが喉を通って行く。思っていた通りの旨さである。

そんなわけで美味しく最後までいただいたが、食べ終わって帰路につき、ふと余韻を思い出そうとしたがなぜだかとても儚いのである。食べている時は美味しくいただけるのであるが、ガツンとくる印象がなく、これまでの訪問時と同様に余韻を残さずに消えていくのだ。悪く言えば特徴がないということになるのだろうか。

しかし旨いのは間違いないので、今後は塩ラーメン以外のメニューをためしてみようと思う。


京都塩元帥




関連ランキング:ラーメン | 西大路駅西京極駅丹波口駅


らーめん彦さく

らーめん彦さくで背脂入りらーめん(620円)。


こちらの店は開店した直後から存在は知っていたが、「旨い店オーラ」をあまり感じなかったのでつい訪問を後回しにしていた。1年ほど前に機会があって訪れたらあまりの旨さに仰天し、それからしばらく通い詰めることになった。

もともとホテルで長く中華の仕事をしていたというご主人の仕事は非常に安定感がある。あっさり塩らーめんからどとんこつらーめんまでいろんなスープのラーメンを揃えているにもかかわらず、店内にはその臭みが全くない。獣臭が好きな方には物足りないのだろうが、これは重要だと思う。

どのラーメンもとても旨いのだが、一番気に入ったのはこってり鶏骨らーめんだ。非常にクリーミーで鶏の旨みが詰まっている。臭みがないのと、おそらく化学調味料をあまり使っておられないのだと思うが、そのせいか「鶏の旨みがない」と書いている人を見かけた。大きなお世話だろうが、臭みがないのですよ、と言ってあげたい。もしくは作り方が変わったのだろうか。麺もいろいろ選べるのも楽しい。

最近は機会がなく訪れていなかったが、久しぶりに訪問した。一番好きな鶏骨らーめんにしようかどうか迷ったが、久しぶりでもあったので、おそらく一番ノーマルと思われる背脂入りにした。

さて、前回の訪問時と異なっていたことが二つあって驚いた。

一つ目は、揚げにんにくトッピングだ。からりと揚がったにんにくがトッピングされてきたが、見た目は確かにからりと揚がっているが、口に入れるとものすごいにんにく臭。まるで生にんにくをそのままかじった時のような衝撃が走った。おそらくにんにく好きな方のためにあえてそういう作り方をしているのだと思うが、これはにんにく好きでなければつらいだろう。私はにんにく好きなので構わないが、その後もずっとにんにく臭が残ったのには閉口した。食後の予定がある場合には避けた方がよいだろう。

二つ目は筍である。以前は他の店と同様メンマであったが、今回はまんま筍に変わっていた。これも賛否両論かと思われる。他の店との差別化を図ることにもなっているしインパクトはあるな。もしやこれは、「ラーメンには何も考えずにメンマ」という風潮に一石を投じているのかもしれない。


しかしいずれにしてもよくできたらーめんであることに変わりはなかった。そんなわけで、次回訪問時は鶏骨らーめんにしようと心に誓い店を後にしたとさ。


らーめん 彦さく




関連ランキング:ラーメン | 今出川駅鞍馬口駅北野白梅町駅


山崎麺二郎

山崎麺二郎で塩らーめん(750円)。


久しぶりの訪問。自分はつけ麺はラーメンとは別ジャンルだと考えておりあまり好んでは食べないが、こちらのつけ麺は別で、最近はよくつけ麺ばかり食べていた。本日は久しぶりの塩ラーメン。

ここの麺は、醤油味のらーめんも塩らーめんもつけ麺もどれも非常に旨い。絶品である。全て異なる麺を用いており、それぞれに表情が異なっている。塩らーめんは澄んだスープに平打ち麺が使用されている。

店の中には程よい緊張感が漂っている。私語が禁止されているわけでもないのにおしゃべりをする客はいない。威圧感でもない、窮屈な感じもない。「麺固めで」などと野暮な事を言う客も見ない。おそらく真摯に麺料理と向かい合う主人の気が、そのまま店の雰囲気に影響しているのだと思う。

なので、いつもカウンターに座った後はぴんと背筋が伸びる。心地よい緊張感と来たるべき麺の快楽への期待感があり、ゆっくりと高ぶっていくのがわかる。ふとこの感じは、茶道に通じるものがあるような気がした。ご主人のもてなしとそれを受ける我々。程よい緊張の存在。設えもカウンターのみとシンプルであり、したがって個々の客と主人が対することとなる。そしてご主人が提供する至福の麺をありのままに頂く。そんなわけで、もてなしを受けたらぐずぐずしないのが肝要だ。

久しぶりの塩らーめんは全く期待を裏切らない素晴らしい一杯であった。量的には物足りなさが残るが、スープとのバランスを考えるとこれくらいがちょうどよい。替え麺もできるがこのバランスが崩れると思いお願いしたことはない。

そんなわけで、文句なしの五つ星。この店に来るために旅行してくる価値はあると本気で思う。ミシュランはまず認めないだろうが。


山崎麺二郎




関連ランキング:ラーメン | 円町駅北野白梅町駅西大路御池駅

幻の中華そば 加藤屋 鞍馬口にぼ次朗

鞍馬口にぼ次朗で鰹三朗(730円)。


もともと関西には二郎系のラーメンを食べさせてくれるところがなかったのだが、京都では「夢を語れ」系列や「池田屋」のように近年ようやく二郎系のラーメンを楽しむ店がちらほら出てきた。そんな中、煮干しをがっつり使った「二郎風」のラーメンが出現した。それがこのにぼ次朗だ。

ビジュアルは二郎系だが、最も異なるのは出汁に煮干しを使用していること、したがってニンニクトッピングのないことである。もちろん、ニンニクを入れると煮干しの香りがパーになるからだ。この二つがないだけで、「にぼ次朗」のラーメンは正直別物に進化を遂げた。これは関西発の、新たな進化形である。いつの日か関東に逆輸入されるのではないかと考えている。

自分も初めは、「煮干しを使用した二郎」になんとなく漠然とした不安を感じ食わず嫌いになっていたのだが、ある日意を決して入店した。

まずは店名にもなっている「にぼ次朗」を試す。トッピングはまずはノーマルでお願いした。しばらく経ってから現れた「にぼ次朗」は半端ない煮干しの香りがするが、ビジュアルはまさしく「二郎」だ。にんにくはないが。

一口スープを頂く。旨い。これは日本人の魂に訴える味だ。麺も思った通りの二郎風極太麺でわしわし頂ける。気が付くとあっという間に完食していた。これならば三朗(300g)でちょうどよいくらいかもしれない。

一度開眼してしまえば、あとは夢中になって通い詰めるだけだ。そんなわけで、全メニュー制覇に向けて足しげく通い詰めることになってしまった。

にぼ三朗はやはり量的にちょうどよいくらいだった。豚骨にぼ三朗は「煮干し+豚骨」がアンマッチと感じ、ちょっと苦手だったが不味いわけではなく、おそらく好みの問題であろう。

森三朗も旨い。麺だけだと飽きがくるので、三朗であれば野菜多めがちょうど良いと感じた。もちろんビールは必須。ニンニクトッピングあり、あとに予定がなければもちろん加えたほうが旨い。脂マシもありだがお腹を壊しそうなのでやめた。

「味噌ラーメン」はこってりとあっさりがあったが、煮干し出汁と味噌が合わないわけがなく、共に美味しくいただいた。味噌ラーメンはニンニクトッピングがあった。前回頂いたときはその後の予定がありニンニクなしにしたが、この味噌にはたっぷりのニンニクが良く合いそうだ。次回注文するときにはぜひお願いしたい。もちろんその後の予定がなければの話だが。

さて、その中でも一番好きなのは「鰹」系である。もちろん鰹三朗。煮干しを店名にまで掲げている店で申し訳ないが、煮干しも旨いが鰹も非常に旨い。これもまた日本人の魂を揺さぶる味であろう。

もちろんコールは野菜マシ。タレと脂は、増量すると鰹と喧嘩する気がするのでそのまま。ここの野菜の盛りも結構あり、食後の満足感が半端ない。また明日からがんばれそうな気がする一杯である。いやどうもごちそうさまでした。


加藤屋 鞍馬口にぼ次朗




関連ランキング:ラーメン | 鞍馬口駅北大路駅今出川駅


珍元

珍元で中華そば大(550円)。


行こう行こうと思いつつ、なかなか訪問できていなかった店。今回はようやく縁ができて訪問することができた。

このお店の特徴は、何と言ってもそのコストパフォーマンスであろう。時代はデフレから脱却しつつあるが、この店だけは変わらない値段で庶民の腹を満たしてくれているわけだ。

並だと450円で、なんとワンコインでお釣りがくるという。今回は結構空腹でもあったため、迷うことなく大を注文。

店の雰囲気はなんだか懐かしさを漂わせている。バブルが訪れるまでの平和な昭和の香りがする。なんだかここだけタイムスリップしたような感さえある。

店内には程よい獣臭が漂う。これは好きな人は好きだろうし、ダメな人はだめだろうな。などと考えていると中華そば大が到着した。

ちなみに私は獣臭は好きではない方である。なので実は、入店する直前に少し躊躇があったのだが空腹がこれに勝った。豚骨をたくさん使っている店でも臭いのないところもある。ラーメンがかつて女性受けしなかった理由の一つは獣臭ではないかと個人的には考えている。そうではない店が増え、女性もラーメンを楽しむようになったが、やはり臭いの強い店は男性客が多い印象がある。

例えば寿司屋に入って、魚の生臭さが店内に漂っていたら? 内臓の処理や掃除はどうしてるのかと思うだろう。しかもそのような臭いのなか美味しく寿司をいただけるだろうか。

しかしこのお店のように、厨房とカウンターが一体となっていたら臭いの問題はなかなか難しいのだろうな、とも思う。いろいろ書いてしまったが、世の中にはもっと耐え難い臭いを放っている店はたくさんある。

さて、一口スープをいただくと、噂通りの生姜の香り。獣臭に香味野菜を強めに使うことで臭いを幾分か和らげる狙いなのだろうかと思った。ラーメン自体にはあまり臭みはなく、結局美味しくいただいた。

そんなわけで、雰囲気もよくCPも抜群であり、獣臭以外は悪くないお店ではあったが、やはり獣臭の中で食事するのは少しつらいと再認識した。持ち帰りがあればなあ。


珍元




関連ランキング:ラーメン | 四条大宮駅大宮駅丹波口駅

新福菜館 三条店

新福菜館三条店で中華そば並(600円)。


新福菜館と言えばたかばしにある本店が有名だが、正直もっとも旨いのは三条店だと思う。一時期この「京都ブラック」にずっぽりとハマってしまい、いろいろと支店巡りもしたものだが、明らかに三条店が頭一つ抜けている。そう確信した後からは、新福菜館と言えば三条店である。たまに本店にも伺うのだが、やはりこっちに戻ってきてしまう。

いったい何が違うのだろう。少し真面目に考えてみたが、醤油臭さもなく角もまろやかで、程よい甘みもあり、まさしく塩梅がよいのだと考えている。どうも他の支店は少し角がある印象だ。そもそも新福菜館の直営店は本店と府立医大前店のみとのことなので、おそらくのれん分けされた当時の古き良き味を守っているのだろうか、もしくは独自の発展を遂げたのだろうか。

さて空腹時にはもちろん大にするが、大にすると麺の量が増えるだけではなくもやしが追加され、好みで生卵が追加できる(もちろん無料)。なかなかよく考えられていると思うのだが、途中で飽きそうになったらスープに沈めたもやしを食べることで「箸休め」的な存在になっている。チャーシューもデフォルトで結構な量がある。

この「中華そば」は非常によくビールとマッチングするのだ。黒く染まった麺と柔らかい肉を頬張りながら、ビールで至福の時を味わう。

なお、持ち帰りもあるので、気軽に自宅で新福菜館の味を楽しむことができる。中身は生麺とパックされたスープに、チャーシューなどの具である。

そんなわけで、新福のそばで一杯やりたいが、諸事情でどうしようもない時には、持ち帰りを買って帰る。そして自宅でラーメンの準備をしながら、持ち帰りラーメンの具として入っているチャーシューをちみちみと齧り、ささやかな宴を始めるのが小さな幸せである。


新福菜館 三条店




関連ランキング:ラーメン | 二条城前駅大宮駅四条大宮駅


北京亭本店

北京亭本店にてガッツ麺DX(790円)。


ここもたまたま通りかかったところ、極太麺の油そばを提供していると知り入店。ノーマークの店だったので、この日の訪問はたまたま極太麺気分だったからとしか言いようがない。

店内は普通の中華料理屋さんで、メニューも普通の中華料理。その中にある「ガッツ麺DX」はひときわ異彩を放っている。もちろん迷うことなく大盛で注文した。この日は歩きだったので迷わずビールも注文。汁気のない麺は味が濃いことが多く、間違いなくビールがよく合う。可能な限り一緒に頼みたいところだ。

極太麺だけあって時間がかかるがそんなことは承知しているので、待ち時間を利用して情報収集。どうやらこの「ガッツ麺DX」は、横浜にある日の出らーめんがオリジナルのようだ。そこで修行されたのだろうか、あるいは味に惚れ込んで提携することになったのか。

などと考えているとガッツ麺が登場。大盛の極太麺に、数種類の団子状調味料とねぎとサイコロ状に切ったチャーシュー。これは食べ応えがありそうだ。

さっそくわしわしと混ぜる。ざっくり混ぜ合わせたところで一口目を頂く。旨い! 旨くてジャンキーな味だ。味も濃い目でビールもよく進む進む。ぐびぐび飲んではわしわしと麺をかき込み、幸せな時間が瞬く間に過ぎた。

しかし後半は少し単調に感じてきた。もしかすると大盛にしないくらいがちょうど飽きずに美味しく食べられる量なのかもしれない。また、結構味も濃かったので、トッピングに野菜などがあると飽きも来ず良かったかもしれない。今はやりの[にぼ次朗」での「森次朗」のように。

ところで他の中華メニューも旨そうだった。「汁なし坦々麺」も気になったので、またいつの日か再訪しようと思う。このお店は多数でワイワイといろんなメニューを食べるのがよいのかもしれない。


北京亭 本店




関連ランキング:中華料理 | 北大路駅鞍馬口駅北野白梅町駅


本家 第一旭 たかばし本店

本家第一旭たかばし本店でラーメン(650円)。

最近はもっぱら、出張や旅の行き帰りに京都駅近くのたかばし本店でいただくことが多い。いつ食べてもほっとする、飽きの来ない味である。出発の時はさっとラーメンを書き込みエネルギーを充填し、帰ってくるときは、小ビール(350円)をちみちみ飲みながらラーメンを楽しむ。小ビールと合わせてぴたり1000円というのもわかりやすくて良い。


小さいころに住んでいた地域には、歩いてすぐの距離に第一旭が二軒もあった。ので、食べ盛りの中学生時代には3時のおやつ代わりに小遣いを握りしめてラーメンを食べに行っていた。二つの第一旭は近距離にあるにもかかわらずよく流行っていた。いつも食べるのは、もちろん「学割ラーメン」であった。

まだ時代はバブル前であった。友人の中には、学校に黙って新聞配達のアルバイトをしている子がいた。彼に誘われて自分も短期間ではあるが新聞配達のアルバイトをすることになった。中学生のアルバイトはどこかの法律に引っかかるかもしれないが、もう時効と思われるので許してもらおう。

まだ草木も眠る暗い真夜中に出勤し、折り込みチラシを入れながら「次の給料が入ったら、おなかいっぱい第一旭のラーメンが食べたい」と彼はぽつりと言った。それも、ターローの大盛を食べたいと。そう、その自宅近くの第一旭のメニューには「ターロー」があったのだ。そんなわけで、二人で腹いっぱいラーメンを食べることを誓った。

待ち遠しかった給料日がやってきた。二人で第一旭に向かい、彼は迷わずターローの大盛を注文した。夢にまで見た大ぶりの甘辛い肉がたっぷり乗ったターロー。少し味見させてもらったがスープの味が完全に変わるレベルだったのを覚えている。

それから随分と日が経った。その間にバブルははじけ、年号も変わり、私たちも大人になった。ターローのある第一旭には行かなくなったが、その気になればいつでも食べられる身分になった。

その友人とは中学卒業以来連絡を取っていないのだが、第一旭を訪れるたびにいろんなことを思い出すのだ。いわばこのラーメンは私にとっての「ソウルフード」である。


本家 第一旭 たかばし本店




関連ランキング:ラーメン | 京都駅七条駅九条駅

石田食堂

石田食堂でラーメン(600円)。


朝からラーメンが欲しくなったので、一路石田食堂へ。

京都で朝ラーメンを食べようと思うと、今では京都駅たかばしにある新福菜館と第一旭、そしてここ石田食堂くらいしかない。以前は味の名門七本松店も週末に限り24時間営業をしていたが、今はやっていないようだ。旅行者の多い京都駅周辺と、朝の早い市場周辺でしか朝ラーメンを楽しむことはできないということか。

石田食堂は市場の中にあるので、初めて訪問するときには迷うが、何度か訪問して慣れてしまうと穴場である。たかばしの2店と異なり行列はまずないし、雰囲気も落ち着ける。

そんなわけでラーメンを注文。スープもやさしい味で、麺も京都らしく細麺ストレートで柔らかめ。これがやさしいスープによく合っている。この店で「麺固めで」と頼むのは無粋だろう、と思う。初めて食べた時は、まるでよくできたにゅうめんのようだと感じた。宴の翌日など胃腸の荒れた朝にとてもよく沁み込むラーメン。いつまでも続いてほしい店である。


石田食堂




関連ランキング:定食・食堂 | 丹波口駅

唐子ラーメン

唐子ラーメンでサービスセット(780円)。


唐子ラーメンに来るのは非常に久し振りである。かつて東龍の店主が唐子の店長だったころ、この店によく食べに来たものだった。毎回のように替え玉を少なくとも2玉は食べていたが、それでも薄まることもない非常に濃厚なスープだったのをよく覚えている。

その後唐子の店長は東龍を開店し、唐子に来ることはなくなった。かといって東龍に入り浸ったかと言うとそうでもなく、自然と両方から足が遠のいたのだ。

その後、ここで修行して「食い逃げメニュー」のアイデアも引き継いだ「ラーメンくらま」が鞍馬口通に出来て、いちど訪問したことがある。非常にクリーミーな「ベジポタ」スープが印象的でとても旨かったのだが、この店も残念なことに気が付くと閉店していた。ただその時の印象は忘れ難く、これは久し振りに唐子ラーメンを訪問しなくてはと思った。

そんなわけでようやく訪問。アクセスもなかなか困難なので、昔のように自転車での訪問となった。

訪問するまでは、店名を冠した「唐子ラーメン」を試してみようと考えていたが、自転車でカロリーを消費したこともあり、ライスと唐揚げ2個が付いた「サービスセット」にあっさりと転向した。

間をおかずに唐揚げとライスが登場。唐揚げは噂通りばかでかかった。しっかり下味も付いておりカラッと揚がっていてこれは旨い。ご飯が柔らかめだったのが気になったが、まあ許容範囲か。

唐揚げを頬張っているとラーメンの登場。てっきり唐子ラーメンが出てくるのかと思っていたが、「ベジポタ」感が全くない普通のあっさりしたラーメンだった。くらまで食べた物とも全く異なっていたし、ネットで見たものとも違っていた。これはたまたまだろうか。

ラーメン自体はあまり特徴もなく、もちろん以前に訪問した時のものとは全く別物であった。期待が大きかったせいか残念な訪問であった。次回訪問する期間があれば単品の唐子ラーメンを試してみよう。


唐子ラーメン




関連ランキング:ラーメン | 東山駅三条京阪駅神宮丸太町駅


元祖熟成細麺 香来 壬生本店

元祖熟成細麺 香来 壬生本店でランチセットB(800円)。


台湾ラーメンが食べられる店と言うことで以前からチェックしており、今回はようやく訪問できた。調べてみると「宝屋」の系統らしい。宝屋と台湾ラーメンの組み合わせがいまいちピンとこないが、ネットで調べてみると和歌山にも同名のラーメン屋がありメニューも良く似ているので、何らかの関係があるのだろうか。

さて辛い麺が大好きなので、店名にもなっている「香来麺」を頂こうかと思っていたが、訪問したのは昼飯時もとっくに過ぎた時間帯であり、非常に空腹だったのであっさりとセットメニューに転向した。

ラーメンは600円だが、Bセットは200円増しでこれにチャー丼もしくは小チャーハンが付く。台湾ラーメンへの変更も可能で大盛無料。これはセットメニューを頼まない手はない、と言うわけであっさりと店側の戦略に屈した格好になった。

そんなわけで、ラーメンを台湾ラーメンに変更し、もちろん大盛で辛さは中辛で、小チャーハンを選択した。

台湾ラーメンはほど良い辛さでじっとりと汗が出る。スープは思ったよりも並々と注いである。肉みそを溶かずにスープだけ頂いてみたが以外に甘く感じる。そしてあまり特徴のない味だった。肉みそを溶くといい感じになるのだろうと信じて肉みそを絡めながら頂いた。はじめは非常に美味しくいただけたが、やはり残念なことにスープが単調な味に感じられ最後の方は飽きてしまった。量が多かっただけだろうか。チャーハンはまあ普通だった。

思っていたほどの刺激はなかったので、次回訪問する機会があれば今度こそ香来麺を頂こうと思う。


元祖熟成細麺 香来 壬生本店




関連ランキング:ラーメン | 四条大宮駅大宮駅二条駅


せんぼんぐらばー館

せんぼんぐらばー館でちゃんぽん(680円)。


もともとちゃんぽんを食べる機会自体あまりなかった。いつだか忘れるくらいの大昔に、白川通り沿いにあった「元祖海鮮ちゃんぽん 平戸」でちゃんぽんを食べたことがあったくらいで、しかもその時の記憶がほとんどない。美味しかったのかいまいちだったのかも覚えていない。目が覚めるほどの旨さであれば覚えているはずなので、きっと好みのタイプではなかったのだろうと思う。

機会があって長崎を訪れたときのことだが、「麺食い」の自分としては、それまでほとんど通ってこなかったちゃんぽんをこの機会に堪能しようと考えた。そんなわけで有名店から場末の小さな店までいろいろと試してみたが、これまた期待が大きかったせいか「目の覚めるような感動」はなく、ただぼんやりした味だなあとの印象しか残らなかった。余談だが、皿うどんは旨かった。

長崎から帰ってきてからはちゃんぽんを食べる機会はなく、「ぼんやりした麺類」「今度長崎に行ったときは皿うどんを」という印象のみが残り続けた。

さて、せんぼんぐらばー館である。西陣の地で長く営業されているようだが、訪れるのはこの日が初めて。たまたま前を通りかかり、「皿うどん」の看板に惹かれて入店。もちろん、皿うどんにはビールだ。ビールをちみちみと楽しみながら皿うどんで幸せになるつもりだった。

カウンターに座り、注文の品は決まっていたのにもかかわらず何気なくメニューを見る。その瞬間、思わずちゃんぽんという文字が塊で眼の中に飛び込んできた。

「ご注文は?」
「ちゃんぽんを」

なぜかはわからないが、気が付くとちゃんぽんをコールしていた。ちゃんぽんであればビールは要らない。きっとこれはなんらかの運命、ちゃんぽん側からのリベンジだったのだ。食べ終わった今となってはそんな気がしてならない。

そして結論から言うと、このちゃんぽんは非常に旨かった。スープはクリーミーであっさりしているが、非常に塩梅がよい。具もたくさん入っており、それぞれにしっかり仕事されている。食べ始めてから最後まで箸は止まらなかった。

ここのちゃんぽんと出合うことがなければ、ずっと「ぼんやりした味」の印象を持ち続けただろう。これはちゃんぽんの神様が引き合わせてくれたとしか思えない一杯であった。今度は皿うどん+ビールだな。


せんぼんぐらばー館




関連ランキング:中華料理 | 北野白梅町駅円町駅今出川駅


 | HOME | 

Calendar

« | 2013-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。