FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

志七そば 吉田屋

志七そば吉田屋で志七そば濃厚(600円)。


いつもあっさりというかデフォルトの志七そばを頂いているので、今日は濃厚を注文してみた。ちょっと昼間は過ぎていたが相変わらずガラガラ。食べる側としてはすぐにいただけるでそういう意味ではありがたいが、やはり大きなお世話ではあるが先行きが心配になる。

濃厚は太麺なので時間がかかると書いてはあるが、さほど待たずに到着。で、思っていた以上のドロドロスープに度肝を抜かれた。「濃口」時代に頂いたのとは全く違っているようだ。ここまでドロドロだった記憶はない。例えが適切ではないかもしれないが「天一」を彷彿とさせる。

さっそく麺を頂くが、スープの粘度が凄い。がっつり持ちあがってくる。一口啜ったが、がっつり動物系。あとから節系の旨みがやってくるが、再度動物系の旨みが押し寄せて、それは儚く消え去ってしまう。

麺は中太麺くらいで、多加水の麺をけっこう柔らかめに茹でてある。「小麦香る」とあったが、あまりのドロドロスープに小麦の香りはよくわからなかった。

また、スープは最後まで熱々だったので、思っていた以上に油分が多いのだろう。

これはかなり食べる人を選ぶと思う。決して不味いわけではないが、私は苦手だった。やっぱりこちらのお店はあっさり系が旨いと実感した。


スポンサーサイト



パティシエ・ヒロシ・スミノ

パティシエ・ヒロシ・スミノでケーキとかシュー・ア・ラ・クレームとか。


おがわさんで旨いお蕎麦を頂いたのだが、まだお腹具合に余裕があったので、スミノさんでおやつを買って自宅で頂くことにした。ちなみにおがわさんからスミノさんはすぐそこ。


まだ私が学生だった10年以上前。どうやってこの店を知ったのかは全く覚えていないが、なにかめでたいことがあればスミノさんでケーキを買っていた。正直甘いものはあまり積極的に食べない方ではあるが、スミノさんは別。どっしりと濃厚な素材の旨みと、がっつりと満足感の高い甘み。かなり好き嫌いが分かれると思うが、私はここのケーキが大好きだった。甘いのにいくらでも食べられるので、いちど自分の誕生日に大人買いして10種類以上食べたこともある。そう、不思議なことにいくらでも食べられるのだ。


私はヨーロッパに行ったことはないが、おそらくパリのパティスリーではこのようなケーキが作られているのではないだろうかと思う。北米経験はあるのだが、北米のケーキは甘さもしつこく味もくどいが、スミノさんのケーキには北米のケーキの印象を全く感じない。デセールそれのみでがっつり満足させてくれる。もちろん、食後に頂いても全くもたれない。

私も年を取ったのだろうと思う。今は昔のように10個以上のケーキをぺろりと食べることはできないと思うが、逆に一つ一つを楽しみながらゆっくりと食べられる。その喜びを久しぶりに感じた。


秋フルーツ


・秋フルーツのショートケーキ

奥さん一押しだったので、勢いに押されて買ってしまった。というか、旨そうだったのだ。季節ものというのにも弱いので、正直モンブランとどっちにするか迷ったのだが、奥さんのおすすめで両方購入。笑。スポンジの中に洋梨が挟み込んである。上にトッピングしてあるのは、栗と柿とマスカット、そしてここにも洋梨。


モンブラン


・モンブラン

栗の甘みがとても上品な一品。思った通りの旨さに満足。


シュー ア ラ クレーム


・シュー ア ラ クレーム

皮がパリッとしていて旨い。昔はよくお土産に持って行ったことを思い出す。見た目がしっかりしているので結構喜ばれたものだった。中のクリームもしっかりとした味でぎっちり詰まっており、これで150円は安い。


いずれも自分で淹れた珈琲と共に美味しく頂きました。またちょくちょく寄せてもらおうと思う。


パティシエ・ヒロシ・スミノ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ケーキ | 北大路駅


おがわ

おがわでざる(1000円)と鴨せいろ(1700円)。


家からほど近いにもかかわらず、未訪問だった「おがわ」さん。今回は蕎麦気分になったため、初めての訪問となった。

店構えはかなり控えめで、気が付かないとお店だとは分からない。中に入るとスペースも小さい。がとても清潔で、逆にこのこじんまりとした感じがとても落ち着く。

いつもそば屋に行くと、まずは一品と日本酒をお願いして始めるのだが、この日はバイクでの訪問だったのでそれは叶わず。ざると鴨せいろを頂く機会があったので両方の感想を記す。


・ざる

蕎麦が一本一本がまるで透きとおっているかのような美しさ。水切りも完璧でエッジも効いており、見ただけで旨いことが分かる。これほど美しい蕎麦を見たのは本当に久しぶりで、一口も食べていないこの時点で、私の頭の中でファンファーレが鳴った。

さっそく一口何もつけないで頂く。口の中に入れるとそばの香りが広がり、噛みしめると香りと共に甘みが広がる。これは旨い! 正直あまりの旨さに体が震えた。しかも非常にコシが強く、蕎麦の噛みごたえも十分。

つゆは結構辛めのタイプで、ほんの少しだけつけていただくのがその蕎麦には合っていると思う。


食べ終わる直前に蕎麦湯がサーブされた。これもとても濃厚で、辛めのつゆに負けない濃厚さ。つゆに注いで頂くと飲みごたえ抜群で、正直蕎麦だけでは物足りないかなと思っていたが、蕎麦湯で腹も満足した。このように、蕎麦湯はそれ自体で見事な一品であった。


・鴨せいろ

鴨は香ばしく焼いたのが3枚と、白ねぎの細切り。鴨の油はやや弱めかと感じたが、これくらいが良いだろう。鴨肉は食べ応えあり、ネギのさっぱり感がさらに食欲を増す。こちらも蕎麦湯を加えて美味しく頂いた。



いずれも非常に旨かった。が、ざるの「つゆ+蕎麦湯」の満足度が非常に高かったので、今後訪問時はざるが多くなるだろうと思う。次回訪問時には辛味大根のおろしを頂いてみたい。


#ちょっと最近はラーメンに偏っていたが、「おがわ」さんで蕎麦の旨さを再認識した。ので、蕎麦もいろいろと食べてみたくなった。幸い北山のあたりには行きたい店がたくさんあるので、しばらくは蕎麦屋巡りかな。



おがわ

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 北大路駅

らーめん創房 日本一 ぱこぱこ

らーめん創房日本一ぱこぱこで超煮干中華そば(800円)。


前回訪問して、気になっていた「超煮干中華そば」。ようやく訪問することができた。


注文してしばらくしてらーめん到着。到着時から煮干しの香りが凄い。仕上げに加えられていた油は「煮干し油」だろうか、表面を油が覆っている。「熱いですよ、お気をつけください」とご主人からサーブされたが、たしかに熱々。

さっそくスープから一口頂いた。出汁+油の香りから想像される荒々しい煮干しが口腔内で暴れるのかと思いきや、鶏や節の旨みと意外とよく調和している。これは非常に面白い。少し煮干しの苦みが感じられるが、これはおそらく煮干し油からきているのだと思われるので、あえて苦みを出されているのだろう。これに関しては好き嫌いが分かれるだろうと思う。私はちょっと苦手だったかな。

具はチャーシューとメンマとネギ、そして馬鹿でかい海苔が一枚。麺は多加水のストレート麺。いずれもこのスープとよく調和していた。完成度の高い一杯であった。

総じて完成度の高い面白いラーメンではあったが、私は塩ラーメンの方が好きかな。


長江辺

長江辺で麻婆豆腐刀削麺(680円)。


本格的な刀削麺が食べられるとのことで、以前からチェックはしていたのだが、「全面喫煙可」というのがネックになり未訪問であった。だがやはり本格的な刀削麺を食べてみたい! ピーク時を外せば紫煙から逃れられるかも、という淡い期待を胸に、今回初訪問となった。

店内に入ると、そこは中国であった。テーブルと座敷があり、壁には日本語で書かれたメニューが所狭しと張ってあり、一見すると日本の定食屋なのだが、店員さんも中国の方だし、私が訪問した時はお客さんまでがみな中国人であった。各テーブルには当たり前のように灰皿が置いてあり、まるで中国の食堂のような喧騒。注文も店員さんとの会話も、もちろん支払いも中国語。日本人はおそらく私だけで、いったいここはどこだろうという錯覚さえ受ける。ちなみに幸い喫煙者はいなかった。

メニューをざっと見るが、定食メニューも単品もかなり充実している。どれも旨そうだが、初志貫徹ということで刀削麺の中から選ぶことにした。「醤油鶏」「豚角煮」「麻婆豆腐」「担々」の4種類があり、かなり迷ったが今回は「麻婆豆腐」をチョイス。

中国語の会話をBGMに待っていたら、しばらくして麺登場。通常のスープの上に麻婆豆腐の餡がかかっている形になっていて、よく混ぜていただくようだ。

まずは餡がかかっていない部分のスープを頂いたが、プレーンな鶏がらスープ。そしてお目当ての麺を引っ張り出す。はじめまして刀削麺さん。思っていたよりも結構幅広で、麺の中心にかけて厚みが強くなっている。長さはもちろんまちまち。早速一口頂いたが、結構もっちり感が強い。幅広の短めの麺なので、啜ると言うよりはつまんでいただくと言う感じ。

麻婆豆腐部分はラー油がかなり強い。「麻」はほとんど感じなかった。しかもかなりの辛さで、一口目で思い切り咽てしまった。しかし一口一口食べ進むうちに、単に辛いだけではなく旨身も感じられてくるから不思議である。

しかもかなりボリュームがある。食べ終えたかと思いきや、底の方に、麺になり損ねたものがたくさん沈んでいた。個人的には麺になり損ねた部分は不要かと思うが、これは必然的に生じてくるのかもしれない。

総じて非常に面白かった。ただし麺料理としてみた場合、刀削麺はちょっと荒削りすぎる印象。他の店でも試してみたいと思う。また、麺以外の印象も悪くなかったので、次に訪問する機会があれば刀削麺ではない普通の麺を頼んでみようと思う。


長江辺

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 元田中駅茶山駅出町柳駅


是空

是空でトロなんこつラーメン(800円)。


先日の高安訪問から、返す刀で是空へ。ちょっと確認したいこともあったのだ。

注文は、まだ未食の「トロなんこつラーメン」をチョイスした。


しばらくしてラーメン到着。ビジュアルは、普通のラーメンと比べると串刺しのネギがないことと、チャーシューの代わりに「トロなんこつ」が入っていること。チョイ辛のソース(おそらくトロなんこつを煮込んだ煮汁)がかかっていること。

さて、今日確認したかったのは「高安」とのスープの違い。さっそく一口スープをいただくが、やはり是空の方が濃厚。昔の高安の味にそっくり。麺を啜る手を少し休めると、たちまち表面に膜が張って来るほどの濃厚さ。先日の高安はこれはなかった。

前回は塩気を強く感じたが、今日はちょうどよい塩梅であった。正直これは旨い! かつて高安に通い詰めた日々をたちまち思い出してしまった。

「トロなんこつ」だが、おそらくこれは肋軟骨の部分だろう。よく煮込まれていて、軟骨部分がトロトロで旨い。いわゆる沖縄での「軟骨ソーキ」だ。これまたある意味懐かしい一品だが、軟骨がトロトロで肉もホロホロで旨い。

と、非常に面白い一杯だった。今のところリニューアルしたのはいい方向に向かっていると思いますよ店長さん。また食べに行きます。


高安

高安でスジラーメン(700円)。


妹から「ラーメンを食わせろ」との指令を受け、一路一乗寺へ。私がいくつかリストアップした中から妹が選んだのは「極鶏」であったが、行列が凄くてあえなく撃沈。さあどうしましょ。

兄「うーん、どうしよ。個人的に大好きな恵那くか、あるいは久しぶりに高安でもええな…」
妹「恵那くはこないだ食べて旨かったし、恵那くでもええな。ところで高安ってどんな店?」
兄「ええっ、知らんのか? なんというか、甘くてとろりとして臭くない豚骨やな」
妹「…伝わらんな。もっとわかりやすく教えてくれ」
兄「せやな、超わかりやすく言うたら「是空」の本店筋や」
妹「ええっ、是空って今出川通りにあるあの怪しい店? そこの本店筋? それは面白そうや! そこにしよ」

ちなみに妹は是空未体験である。家の近所にあるポップで変な店だと以前から思っていたらしく、気にはなっていたらしいのだが一人で入る勇気はなかったらしい。是空を例に出した方がわかりやすいことに軽いショックを覚える。

兄「せやな、是空に今後行くとしたら、高安知っておいた方が良いわな」

などと言いながら東大路通りを南下した。

妹「…しかしラーメン屋ばかりやなこの街。共倒れせえへんのか?」
兄「…おやこれは面妖な。まさか一乗寺がラーメンタウンということを知らんのか」
妹「知らん」
兄「な、な、なんだってー(わかる方はMMR風に再生お願いします)! 君は一体何年京都に住んでんねん」
妹「生まれてこの方京都から出たことないけど」
兄「よし教えてやろう。(極鶏から東大路を南下中)右手に見える天天有と、かつて叡電の線路近くにあった珍遊が一乗寺ラーメンのルーツでやな…」

と、たちまち妹に説教をくれた。心の底から興味なさそうな妹がうんざりし始めたころに、ちょうど高安に到着した。珍しいことに全く行列なし。遠慮なくそのまま店内へ。

妹「是空の外観もたいがいやけど、ここはそれ以上やな。もともとこんなコンセプトの店?」

と、妹はやけに嬉しそう。

兄「いや、昔は普通のラーメン屋だった時代もあったんや。昔わしがこの辺に住んでいたときは…」
妹「(壁にかかっているテレビを指さし)うわっ、トムとジェリーやってんで! なにこの店面白すぎ!」
兄「…とりあえず何食うか決めようや」

そんなわけで、私は懐かしいスジラーメンを。妹は唐揚げが一つ付く定食をチョイスした。






そう、昔私が一乗寺に住んでいたとき、最もよく通った店の一つがこの「高安」だった。少なくとも週に1回は通った。今の一乗寺ブギーの北側の小さな道を抜けたすぐ右手に、高安の旧店舗はあった。カウンターが7-8席と、壁に張り付いたような小さな二人用のテーブルが一つという、小さな店だった。

私が通い始めたのはまだできて間もないころだったと記憶している。ご夫婦二人でされている、小さな店だった。そんな小さな店が徐々に評判を呼び、気が付くと行列のできる店になっていた。

初めは普通のラーメン屋だったと記憶しているのだが、徐々に店内が可愛くなっていったのだ。一時期は雇われていた店員さんも全員女性で、店内がどんどん可愛く変身していくのを見て、一体この店はどこに行くのだろうと思っていたことを思い出す。

そう、移転したらこうなるのは必然だったのだ。あの旧店舗では、すでに限界だったのだ。さらなる飛翔を遂げるために、高安は東大路へと歩を進めたのだ。





などと物思いに耽っていたら、それまで静かだった店内にリズミカルなドラムの音が響き始めた。

妹「マイコー(マイケル・ジャクソン)のビリージーンや!」

とさらに喜ぶ妹。

トムとジェリーにマイケル。ポップな店内。ラーメンがなければだれもここをラーメン屋だとは思わないだろう。ラーメン屋は女性だけでは入りにくいところが多いが、高安はむしろ男性一人で入ることを躊躇するのではないか。


そんなわけで、久し振りの高安を堪能した。昔よりちょっと薄くなっているような気がするが、だがいいのだ。スープは明らかにぬるい。だがこれでいいのだ。コブシ大の唐揚げ。これは以前のままだ。正直是空の方が、昔の高安の味に近い気がする。しかし私にとっては、ここにあるだけでありがたいと思える店の一つである。


食べ終えて外に出ると、ベトナム人観光客と思われる方々が「1・2・3(モッ・ハイ・バー)、Yooo!」と高安の前で記念写真を取っていた。そうか、高安はとうとう単なるラーメン屋ではなく観光名所になってしまったのだな。そんな感慨を胸に店を後にした。


高安

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 一乗寺駅修学院駅茶山駅


一乗寺ブギー

一乗寺ブギーでつけそば300g(700円)。

前回中華そばを頂いて印象が良かったので、今回はつけそばを頂くこととした。200gと300gが同じ値段であり、腹ペコの私は迷わず300gをチョイス。


しばらくして麺登場。スープの中身を確認すると、赤身のチャーシューが3枚ともやしのみ。潔いと言うかさみしいと言うか。まあ彩りはないな。スープの表面には背脂が浮いている。

麺は多加水のもちもち縮れ太麺。さっそくスープにつけていただくと、この縮れた麺にスープが絡む絡む。スープは塩気はちょうどよいくらいで、ほんのりとした甘みと時折訪れるピリ辛と、そして独特の酸味がある。この酸味が面白い。なんだろ? 単純な酢酸の酸味ではないような気がするし、むしろ柑桔を使っておられるのか? これは好みが分かれそうだ。ちなみに私は結構好きで、わしわしと頂いた。

チャーシューも赤身のみだが柔らかく煮てありこれも好み。もやしはどうかな。あってもなくても良い印象だったが、なければ具は肉だけになるのであった方が良いかな。

そんなわけで美味しくいただいた。麺にスープが絡みまくって、食べ終えたときにはスープも少なくなっておりスープ割はせず。

総じてつけそばも旨かった。ただし中華そばの方が感動が大きかった印象。限定も活発にされているようなので、また再訪したいと思う。


(今回もなぜか食べログへのリンク作れず)

陽はまた昇る

陽はまた昇るでしょう油ラーメン並(700円)。


運転免許の更新のため羽束師へ。途中ちょっと寄り道をして、前から気になっていたこちらで腹ごしらえをしておくことにした。しかし伏見にもいろいろと面白いラーメン屋さんが出来てきている。なかなかこちらに来る期間がないが、時間があるときにでもゆっくり訪れたいと思う。

店内は清潔で獣臭なし。基本メニューはしょう油と塩のようだ。しょう油におすすめマークが貼ってあるので、迷わずしょう油にした。

あまり混んでおらず、すぐにラーメン到着。具はチャーシューと味玉が半分、海苔とネギとメンマ。

さっそくスープを一口頂く。結構濃厚なスープだが、それ以上に塩分が濃い。ありゃ、こりゃあダシが台無しでは。塩分というか、醤油が強い。

麺は加水率高めの平打ちの麺で、結構好きなタイプ。つるつると喉を通って行く。スープとの絡みもよく、麺だけを啜っていると塩分の濃さはあまり気にならない(けど、やっぱり濃い)。

チャーシューは外側に胡椒を纏っているタイプ。これは単品が良いと思う。胡椒がピリッとよいアクセントになっていると感じるか、スパイシーさは余計だと感じるかは個々人によると思われるが、私はどちらかというと後者かな。単品としてはとても面白く、旨いと思うが。


味玉は完璧。黄身もとろとろで味もしっかり染みている。

メンマは柔らかい部分を使用されていてこれ自体は非常に面白いが、長さが長い。「穂先」というには長すぎる。もう少し切り分けてくれた方が食べやすいと思う。

麺と具を食べ終えてスープを頂くが、やはり濃くて飲めなかった。後で知ったが「薄め」という注文も出来るらしいが、濃さを分からない初回から薄めで注文する人はいないだろうし、デフォルトの濃さにうんざりして再訪しない人もいると思うのでもう少し薄めに作った方が良いのではないだろうか。

塩分濃度に関しては、「足す」事は簡単だが「引く」ことは不可能。タレ以外を全て加えて薄めることはもちろん可能だが、薄めに作って、濃いのが好きな人は醤油ダレで自分で調整できるようにした方が良いのではないだろうか。

スープ以外に関しては、麺にしろ具にしろ個々はとてもよくできているし面白いと思うが、丼の中での一体化を楽しむことはできなかった。

というわけで、「各論」的な部分はとてもよくできているが「総論」としてはちょっと残念であったと思う。逆に言うとポテンシャルは高いと思うので、また日をあらためて訪問してみたいと思う。あと塩も試してみたい。



ラー麺 陽はまた昇る

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 伏見駅墨染駅丹波橋駅


麺屋 夢人

麺屋夢人で夢人つけ麺並(800円)。


山科~大津方面パート3。というわけで、今度はつけ麺をいただくことにした。

台風の話ばかり続いて恐縮だが、こちらもまだ爪痕が残る。店のすぐ隣にある地下鉄御陵駅は完全に水没してしまい、排水設備が壊れてしまったとのことで、私が訪問した日も消防車が駅に横付けし排水作業を行っていた。しばらくは市バスによる代替輸送が行われるとのことで、頻繁に臨時の市バスが三条通りを行き来するのが見えた。


店内に入る。昔は小料理屋だったところを居抜きで使用されているのだろうか、えらく趣のある店内。とてもラーメン屋とは思えない。なんだかほっこりしてつけ麺並を注文。もう完全につけ麺アレルギーはなくなった。笑


のんびりメニューを見ていると「つけ麺の食べ方」が書いてあったので、その通りに食べてみることにした。


1.まずは、麺の食感を楽しめる冷盛りを頼むべし。

「あつもりにしますか」など聞かれておらず、こちらからも何も言っていないので冷盛りで来るのだろうな、などと思う。


2.麺をそのまま一、二本食べて楽しむべし。

さてやってきたつけ麺。さっそくそのまま二本ほどいただくが、小麦の味がしっかりしており旨い! しめ具合もばっちりで、塩だけで食べてもこの麺は旨そうだ。


3.次にスープに全食材を浸し、具材を温めるべし。

ということで、ネギ以外のチャーシューやメンマや味玉などをスープにぶち込んだ。ネギは少しだけ入れてみる。


4.次にスープに麺を浸し、食べるべし。

というわけで、ようやく麺を浸す。啜ってみると豚骨が濃厚で、魚介はさほど強くない。塩梅もちょうど良い。結構好きなタイプで、これは旨い! それと、このスープにはネギがよく合う。そのことに気付いて、残りのネギを全部ぶち込んだ。こうすると濃厚なスープにネギが麺に絡みつき、えも言えぬ旨さになった。そういえば、あまりネギが意識的にトッピングされているところはあまりないのではないか。煌力もネギ満載だったが、あちらは名前からして「葱玉つけ麺」やしね。


5.あとは好きなよう具を好きな順に食べるべし。

チャーシューは結構薄切りされており、メンマも小さめで柔らかいタイプで、いずれも具としての主張は強くないが、この方が麺と一緒に食べやすいと思う。分厚く切ったチャーシューやメンマだと具単独で食べることになってしまうが、こちらのはまさに麺と一緒に口の中に入る大きさでちょうどよい。


6.スープが冷めてきたら絶対スープ温め直しを頼むべし。

麺が200gだったので、あまり冷めなかった。麺の量が増えると温め直しをお願いした方がよいかもしれない。


7.最後に割りスープかご飯を頼み完食するべし。

カウンターの上に割りスープが置いてあったので、最後にスープ割りを楽しんだ。いやあ旨かった。ネギとよく合うスープだったのが印象的だった。ごちそうさまでした。


麺屋 夢人

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 御陵駅


ラーメンひばり

ラーメンひばりで淡麗・塩(700円)。


山科~大津方面パート2。というわけで、以前から気になっていた「ひばり」へ。ここも、台風の爪痕がまだ残っており、周りの道路は砂だらけ。途中京津線が土砂に埋まっているところも見たし、道路の排水溝から水が吹き上がっているところもあった。自然災害の恐ろしさをまざまざと知る。

さて、はじめましての「ひばり」さん。食券制度になっていることを知らずにやたらと高いカウンターに座ってしまった。お店の人に申し訳なさそうに食券機を案内されて、塩を選択。いつもなら、メニューの最も上にある「まろやか」を頼むはずなのだが、ちょっとお腹具合がいまいちだったのでなんとなく清湯気分になったのだ。「お腹具合がいまいちならラーメン食うな」という天からの声が聞こえてきそうだが、そんな選択肢はありません。


さてラーメン到着。鶏の良い香りがする。具は鶏と豚のチャーシューが1枚ずつと珍しいパターン。ネギも白ネギと分葱が2種類使用されていると思われる。あとはメンマ。


さっそくスープから一口頂く。じんわり旨い! 麺は低加水のぱきっとしたタイプ。

で、面白かったのが鶏のチャーシュー。おそらく胸肉を使っておられると思うのだが、脂分が全くない、しっとりとした鶏。それ自体に強い味付けはされておらず、おそらくスープで煮てそのまま冷ましたものと思われる。面白いことは面白かったが、それ以上のインパクトはなく、もう一工夫あるともっと面白いと思う。

なんだかんだ言って最後までおいしくいただいた。今度はぜひ「まろやか」を試してみたい。


ラーメンひばり

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 大津駅上栄町駅島ノ関駅


ラーメン庵

ラーメン庵で醤油ラーメン並(550円)。


ちょっといろいろありまして、山科~大津方面へ。

一時期醍醐に住んでいたことがあるので、三条通りから山科へ抜ける道はなんだか懐かしい感じがある。地上を走っていた京津線がなくなっている景色が意外と違和感がなく、時間が経つと言うのはこういうことなんだろうとぼんやりと思った。

ところで山科駅付近を走っていると道路が凄く砂だらけで驚いた。砂埃も凄く、まるでアジアの道路のよう。近くで大きな工事でもしているのかと思ったが、四ノ宮橋のあたりで最もひどい状態だったので、ようやくこれが先日の台風の爪痕であることに気が付いた。桂川と宇治川が大変なことになっていたが、宇治川に注ぐ山科川及び四ノ宮川ももちろん大変なことになっていたのだな。昔私が住んでいたのは醍醐の山科川のすぐそばであったが、そのあたりも道路が川のようになっていたらしい。

shinomiyabashi

(写真は四ノ宮橋付近。歩道はさらに砂が残っており、特別警報まで出た大雨の威力を見せつけられる)


と話は飛びに飛んだが、この日はラーメン庵でラーメンを頂くことにした。結構久し振りの訪問で、2-3年ぶりだと思う。こちらの「クラシカルな京都ラーメン」が好きで、山科に来た時には高頻度で訪問している。


店内は獣臭なし。喫煙可なのは承知の上で来ているので気にしない。店内は阪神タイガースグッズがたくさんある。厨房は奥の方にあるので、入店すると客しかいないように見える。もちろんカウンターに座ると、奥から奥さんが出てこられるので注文を告げる。ラーメン並が550円というのもCPが素晴らしい。


奥さんが奥に消えて行き、再び客だけの空間になり、私も思いに耽る。そしてまだこのお店があることに感謝する。


しばらくして、今度は奥からご主人がラーメンを持って来られた。丼を前にしばし両手を合わせ、ラーメンを頂いた。


スープは豚が主だが鶏も入っているだろう。おそらくその比は7:3くらいで、同じ寸胴で少し濁るくらいまで煮込まれる。いわゆる「クラシカルな京都ラーメン」。このとき骨をよく磨いてしっかり血抜きをしておかないと臭みが出てしまう。

昔はこのタイプのラーメンを作る店は多かったが、今はほとんどなくなってしまった。北区の将陽もこの系統のラーメンを作られる。そして、私の実家が作っていたラーメンもこの系統であった。なので、作り方はだいたい想像できる。もちろん全く同じ味ではないが、ひどく懐かしい味がするのだ。

具はバラ肉のチャーシューとねぎともやし。これもまた「クラシック」な顔ぶれ。

私は普段は胡椒は使用しないが、この系統のラーメンには胡椒が良く合う。ので、後半に少し使用すると、これまた味がピリッと引きしまるのだ。


そんなわけで最後まで美味しくいただいた。呆けてしまった私の親父は、このラーメンを食べたら正気を取り戻すだろうかとふと思った。そのうち機会があれば連れてきたいところだが、実際には難しいだろうな。

この系統のラーメン屋は減っていく一方なので(これもまた時代の流れだと思うが)、いつまでも営業してもらいたいと思う。




昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 東野駅


ブラウニー ブレッド&ベーグルズ

ブラウニー ブレッド&ベーグルズでベーグルとかパンいろいろ。


Radio Bagelさんですっかりベーグルにハマってしまったので、ちょっといろいろなお店でベーグルを食べてみようと思い立ち、こちらを訪問。北大路通り沿いでお店もわかりやすく、アクセスも非常に良いせいか、ひっきりなしにお客さんが来ていた。

・イチジククルミベーグル(190円)
・オレンジクリームチーズベーグル(220円)
・8・9月限定のみたらし・きな粉・もちベーグル(230円)
・オニオンベーグル(150円)
・クランベリーキャラメルベーグル(180円)

ベーグル以外では
・メロンパン(140円)
・オレンジピールとレーズンのカンパーニュ(150円)
・チョコとバナナのスコーン(190円)
・焼き栗餡のスコーン(190円)
・クルミパンのシュガーラスク(350円)

前回頂いたRadio Bagelさんのベーグルはずっしり感が凄かったが、こちらのベーグルはサクサクと食べられるタイプ。といってもそれなりに食べごたえはあるので、Radio Bagelさんのベーグルのずっしり感が凄いということだろうと思う。特に面白かったのが、限定のみたらし・きな粉・もちベーグル。もっちりなベーグルの中に餅が入っていて二重のもっちり感。家族みんなで頂いたが、この「二重もっちりベーグル」はかなり評価が分かれたので好き嫌いはあると思うが、私は面白いと思った。発想が素晴らしい。

ベーグル以外ではスコーンが旨かった。3時のおやつにピッタリで、コーヒーとの相性が抜群。


そんなわけで結構楽しめた。店による個性の差はいろいろあるなあと感じた今日この頃。

限定メニューも活発にされているようなので、また再訪していろいろ試してみたい。


ブラウニー ブレッド&ベーグルズ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ベーグル | 北大路駅鞍馬口駅北山駅


ゆう

ゆうで醤油ラーメン(700円)。


なんと今回初訪問。昔から気になっていたのだが、残念なことに機会がなかった。今回七条大宮の近くに仕事の関係で行くことになったため、ようやく長年の宿題を解決できることに。

店内は清潔で獣臭なし。完全禁煙なのもありがたい。カウンターからは作業する姿が良く見える造りになっている。


ラーメンは醤油と味噌があるようだが、最もデフォルトと思われる醤油ラーメンを並で注文した。


さて、ラーメンが作られていくのを見ていたが、ご主人と奥様と思われる二人のコンビネーションが素晴らしかった。全く無駄のない、流れるような動きで、互いに次の動きを完璧に把握されている。二人とも全くの無言だが、これほど美しい動きをされているのなら言葉はいらないだろうと思う。

麺茹でから具のトッピングまで作業はカウンターから見てすべて後ろ向きで行われるが、とにかく後ろ姿の動きが美しい。すべてが終わると、初めてこちらと向きあう。丼を持って振り向かれるまでの動きがとても美しく、これまた適切な例えとは思えないが、美しい舞いを見ているよう。笑。ラーメン屋でこんな風に感じたのは初めての経験。



うっとり見ていたらあっという間にラーメンが到着した。ビジュアルはよく言われているように第一旭系で、具はたっぷりのネギともやしとチャーシュー。

さっそくスープを一口いただく。旨い! 紛うことなき「肉のスープ」で、第一旭で育った私にとってはほぼソウルフード。ご主人は「大輝」出身とのことだが、第一印象はむしろ「大栄」に近い印象を受けた。

麺はだいぶ柔らかい。柔らかめが好きな私でも柔らかいと感じる柔らかさ。

そしてチャーシューがこれまたたっぷり入っている。数えていないがしっかりと味のついた薄切りチャーシューが10枚くらい入っているのではないだろうか。たっぷり煮豚を作り、その旨みの出たスープを使われているのだろうと思う。これならチャーシュー増しすれば肉好きの方には堪らないだろうと思われる。

醤油だれがややきつめに感じた。のでスープは残してしまったが、総じて旨かった。ただし麺の茹で具合や醤油だれのきつさなど個々のバランスが整うともっと旨いと思う。そして、またあの美しいコンビネーションの「舞い」を見てみたい。そんなわけで、また近くで用事があった際には訪れてみたいと思う。


ゆう

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 丹波口駅


ラシーヌ

ラシーヌでランチMenu B(2100円)。


ちょっとゆっくり食事が出来る時間が出来たので、以前から気になっていた自宅近くのこちらへ。ふと思い立って電話してみたら無事予約が取れた。時間がない時は麺料理が最強だが、時間があれば麺以外も食べます。笑

初めての訪問なのでどうしようかとちょっと迷ったが、最も無難と思われるMenu Bをチョイス。オードブル(3種類から選択)+スープ+メイン(3種類から選択)+デザート(3種類から選択)+飲み物。いろいろ選びがいがあって楽しい。


テーブルのど真ん中にはどかんとでかい目玉焼きが鎮座している。初めはそういう焼き物かと思っていたが、なんと目玉部分(黄身の部分)がバターであった。触るまでそうとは思わせないビジュアルにいきなり感動。これは期待が高まる。


さて、料理はいずれも素晴らしかった。詳細を書くことに意味はないのじゃないかと思うレベル。これが2100円で頂けるなんて凄い。パテドカンパーニュもヴィシソワーズも豚肩ロースのグリエもデザートのケーキも珈琲も全部旨かったが、なんと言ってもパンが旨かった! 元パン職人の奥様がパンを焼かれていると知ったのは、帰宅してホームページを見てから。何も知らんかったのでパンの感想をちゃんと伝えられなかった。

次回訪問した時には、しっかり伝えられるようにしよう。

ほんまにパンだけで商売できるレベルだと思うが、パン屋の併設などは考えられてないのだろうか。


というわけで、私も声をあげさせてもらおうと思う。


「我々にラシーヌのパンを!!」
Donner le pain de Racine nous, Dieu !


次回の訪問時には迷わず3500円のコースにしようと思う。そしていつかディナーでも訪問したい。


#グラスワインが赤白2種類ずつ用意されていて、共に500円前後であったので思わず注文してしまったが、値段の割には旨かった! 家が近くて運転のことを考えなくて良かった。笑


ラシーヌ

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:フレンチ | 北野白梅町駅


麺中夢中

麺中夢中で冷やしカレーヌードル(700円)。


麺中夢中さんの冷やし麺シリーズ。9月いっぱいまでの企画なので、これで今年の冷やし麺は最後という事になる。

しかし、「冷やしカレー」とは面白いと思う。スパイスの香りは熱が加わってより強くなるものだし、どのように工夫されてこられるのか? わくわく感一杯で暖簾をくぐった。そう言えばカレー連発。笑

しばらくして冷やしカレーヌードル到着。やはりスパイスのむせ返るような香りはなく、目の前にカレーがあるのに不思議な感じ。具は鶏チャーシューと煮卵、オクラ、ブロッコリー、湯剥きされたミニトマト。

さっそく一口頂いたが、香りは強くないのに口の中に入った途端にひんやりかつスパーシーさが襲ってくる。これは面白い。麺を仕上げる際に、最後にスパイス(ガラムマサラか)をそのまま加えてられるのだろう、意外なスパイス感。このひんやりスパイシー感がとても面白い。

オクラとブロッコリーの緑色も、このスープによく映える。カレースープにしっかり浸していただく。


総じて非常に面白かった。創意工夫はよく考えられていたが、出来れば私はこれの温かいバージョンを一度食べてみたいと思った。むせ返るほどのスパイシーなカレーヌードル。今はさすがに厳しいので、寒い時期にぜひお願いします。

7月・8月・9月と冷やし麺を頂いたが、個人的には8月の「冷やしBLACK2」が一番好き。来年も楽しみにしています。


麺中夢中

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 元田中駅茶山駅出町柳駅


太陽カレー

太陽カレーで大原の四角豆・なす・トマトの秋野菜カレー(500円)。


ちょっとカレー気分(しかもインド風ではなく日本カレー)になり、たまには麺料理以外も食べようかとこちらを訪問。たまたま知ったのだが、「ばくばく」から最近リニューアルオープンされたばかりのようだ。


プレーンの太陽カレーが390円という恐るべきCPに感動しつつ、プレーンではさみしいのでメニューの一番上にあった「大原の四角豆・なす・トマトの秋野菜カレー(500円)」を注文した。お店のフェイスブックを見ると、「旬野菜のカレー」として、野菜の種類は時々で変わっているようだ。

店内はけっこうゆったりしていてとても落ち着く。完全禁煙が素晴らしい。


料理はすぐにサーブされた。まあカレーやしね。


さっそく一口いただいた。旨い! スパイスの重層感などはあまり感じない、いわゆる香ばしさというより旨みを重視した「日本カレー」。といっても全くスパイス感がないわけではない。これがとても旨いのだ。じっくり煮込んだ旨さというのがよいのか、食べすすめる手が止まらない旨さ。

ご飯も300gあり、しっかりお腹いっぱいになった。これで500円は驚異のCP!


そんなわけで美味しく頂きました。個人的には「大人の太陽カレー アルコール入り(700円)」が気になったところ。ワインと合うというのが売りでもあり、ドリンクの値段も非常に良心的。いちどワインと共に楽しんでみたいと思う。



小盛(200g) は同じ値段でサラダ付き
大盛(400g) 100円増
ルーのみ大盛り 100円増
特盛(500g) 200円増
激辛口・甘辛口(甘口ではない)できますとのこと。


太陽カレー

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カレーライス | 西院駅(阪急)西院駅(京福)西大路三条駅


漫天兄弟

漫天兄弟でこってりラーメン大(800円)。


紫蔵、びし屋と家系のラーメンを食べてきて、これは結構好きなジャンルかもと思ったのだ。いつかは本場で食べてみたいが、まだ未訪だったこちらを今回訪ねてみることにした。

お店に入ると、若いお兄さん二人と、パート? と思われる妙齢の女性が一人。紫蔵もびし屋も「職人」という感じの方がラーメンを作っていたが、こちらのお兄さんはそこらへんによくいそうなお兄さんで、なんだか勝手に親近感が湧いた。

初めてなので、デフォルトと思われるこってりを注文。大変空腹だったので大盛りにした。「ネギが欲しい方はトッピングします」と書いてあったが、デフォルトは入っていないということなので、ネギ好きだがなしで注文した。


麺を待っている間に店内をぐるっと見ると、なんと壁のカレンダー(厨房の中ではなく、むっちゃ客席側)に、その日訪問した客の数が書いてあったのに仰天。「目指せ100杯!(100人だったかも)」みたいなスローガンと、具体的に「46人」とか「82人」といった数がカレンダーに書き込んである。初めて見る系統の情報公開。笑。この明るいあけっぴろげなところがとてもツボに入った。

なんだかほっこりしていると麺到着。おっと、作っているところ全然見れへんかった。笑

さっそく一口いただく。旨い! やっぱり好きな系統かもと思う。具は海苔とほうれん草とうずら卵とチャーシューで、とてもシンプル。

しかし思った以上にボリューミーで、途中で大盛りにしたことを後悔し始める。やっぱはじめは並からかな。

ちょっと単調に思い始めた頃に、お店特製の「漫天スパイス」を投入。「米粒くらいの量でも味が激変します」と書いてあったので、少しずつ投入した。

これが意外に旨い。飽き始めた舌をしっかりリセットしてくれ、最後まで飽きずにモリモリと食べることができた。

そんなわけで、総じて旨かった。いわゆる「家系」は3軒経験したわけだが、個人的な好みはやっぱり紫蔵かな。


個人的には、店員さん同士の何気ない会話もとてもまったりとしていてツボだった(ちょっと具体的に書くのは憚られるので、なんとなく書きませんが)。あけっぴろげなカレンダーといいトイレの電気案内といい(これはぜひお店でご確認を)、店の雰囲気(とてもいい意味でのゆるい感じ)が個人的にとても気に入ったので、また再訪してみたい。

なお、10・20・30日に訪問すると200円のサービス券が3枚もらえる。ので、3回分は700円のこってりラーメンが500円でいただける。太っ腹!


漫天兄弟

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 東寺駅九条駅十条駅(近鉄)


拳ラーメン

拳ラーメンで塩系拳ラーメン(700円)。


こちらは、「拳」に改名してから、そして市場の近くに移転してきてから初めての訪問。三条御前にあった頃には良く通っていたのだが、なんとなく足が遠のいていた。


そんなわけで久しぶりの訪問。お店、広くなってんなあ。などと超今更な感想を抱く。久しぶりなので、塩系を注文してみた。なんとなく、普段はつけない味玉をつけてみたり。そんなわけで味玉つきの拳ラーメンを注文した。

店内は獣臭なし。完全禁煙。素晴らしい。そして荷物を置く隙間もなかった旧店舗と違い、ゆったり座れるカウンター。などと再度、超今更な。


すぐにラーメンがやって来た。さっそくスープを一口頂いて、予想もしなかったほどのつよい磯の香りに仰天した。ほんまに文字通り天を仰いでしまった。えっ? こんなだっけ?

とにかく甲殻類の香りが凄い。これは食べる人を選ぶと思う。

たった一口で「口の中が海」状態。

おそらく、スープに通常の魚介系だけではなく海老そのものを結構使われているのではないだろうか。加えて海老油がさらに追い打ちをかける。大変面白いが、甲殻類好きで磯の香りも大好きな私でも正直ひいてしまった。

狙いは大変面白いが、これならタレは醤油の方が、甲殻類臭さを旨くマスクすると思う。あるいは、これは「ぶれ」の範囲内なのだろうか。

全粒粉の麺にしろチャーシューにしろ、他のパーツは非常によくできている。


以前を知っているだけに、これはちょっと再訪して確認してみたいと思った。ので今回は評価は保留。


拳ラーメン




関連ランキング:ラーメン | 丹波口駅


大鵬

大鵬で中華料理(というかほとんど麺。笑)いろいろ。


またたまたま家族での予定がぽっかりと空き、今度は少し時間もあったので大鵬さんへ訪問することが決定。みんなでいろいろ頼んで取り分けようぜ! となったのだが、あいにく麺好き一家なのでみんな麺を注文。笑。


・よだれ鶏

前から気になっていたこちらのメニューを注文し、みんなでシェアした。蒸した鶏もも肉にスパイシーなタレがかかり、これは旨い! しかも香菜もトッピングされていたが、取り合いにてあっという間に空っぽ。夢中で取り合いしていると「あとで春雨持ってきますので、残ったタレに絡めて食べてください」とのこと。

鶏肉がなくなるころに持ってきていただいた春雨は平べったいシート状の、いわゆる「板春雨(粉皮)」。これがまたよくソースと絡まる絡まる。食感もとても面白く、鶏と板春雨で二度美味しい。初めからノックアウト気味。て、思い出して書いているだけでよだれが出そうだ。まさしく「よだれ鶏」!


・酸辣湯麺

シェア前提と思われたのか、麺は一つずつサーブされた。さてこちらの酸辣湯麺は、当方の予想を大きく裏切り、麺とスープが別に出てきた。「つけめんの要領で召し上がりください」とのこと。さっそく小皿に酸辣湯を並々と入れ、麺をどっぷりつけていただいたが、これが旨い! 

酸辣湯自体は酸味と辛さが絶妙でこれだけで旨いが、そのスープに沈めた麺がよくスープと絡まる。これは非常に面白いアイデアで、とろみのある熱々の酸辣湯では麺があっという間にのびてしまうことがあるが、これだとその心配もない。また、普通のつけめんと違ってスープ自体がたくさんあるので、つけめんに見られるようにスープが冷めてしまうと言うこともない。このやり方、家でも試してみようと思った。



・正宗担担麺

いわゆる汁なし坦々麺。麺はかん水を使っていない、細めの麺で、冷麦に近い印象。これに麻辣なタレとナッツがよくからんでこれも旨い。ビールが進む進む。個人的にはもう少し「麻」があればもっとよかったが、これは個人的な好み。


・麻辣牛肉麺

実は最も楽しみにしていたのがこの牛肉麺。上記のメニューはいい意味で期待を上回ったが、こちらは思っていた通りばっちりの味で、麻も辣もしっかり効いている。この辺りは海苑さんといいこちらのお店といい、旨い牛肉麺の店がいくつもあるのが面白い。といっても2店しか知らんが。笑

他にも魯肉飯も注文していたが、私が食べる前にすでに食べられていました。


以上、非常に満足しました。また再訪して、今度は麺以外(笑)をいろいろ楽しんでみたいと思う。



星4.0→4.2に変更しました。




大鵬

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:中華料理 | 二条駅西大路三条駅西大路御池駅


Radio Bagel

Radio Bagelでベーグルいろいろ。


前から気になっていたベーグル屋さん。ベーグルは基本卵未使用で、かつこちらはバターなどの動物性の素材を未使用なので、アレルギー持ちのの家族も一緒に食べられるのが嬉しい。そんなわけでいろいろ買ってみんなで食べてみました。

購入した時の紙袋のずっしり感にまず驚く。さっそく家に帰って頂いてみたが、ものすごいもっちり感とずっしり感。しかも、トマトならトマトの、オニオンならオニオンのそれぞれの味がしっかり出ている。これは旨い!


特に気に入ったのはオニオンで、玉ねぎの甘さが上手く出ている逸品。ほうれん草もとても面白いし、クルミも香ばしさとベーグルのもっちりずっしり感がぴったり。一番人気なのが良くわかる。家族はココアクランベリーに夢中であった。

総じていずれも非常に旨かった。これはヘビーローテーション決定。



なお、買ってから自宅に持ち帰って食べるまで少し時間差があったので、温め直して頂いた。普段はトースターで温めるのだが、こちらのもっちりベーグルは電子レンジの方が良いように思った。ラップをせずに600Wで30秒で、もっちり感が復活する。かりっと焼いて食べるのが好きな方は、がっつり余熱したトースターで焼くと良いだろう。


Radio Bagel‎

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ベーグル | 北山駅松ケ崎駅


一乗寺つるかめ

一乗寺つるかめで魚介醤油らーめん(700円)。


またまた中途半端な時間に食事することになり、通し営業のこちらへ。前に一乗寺を通ったときに行列が出来ていたので、ちょっと気になっていたのだ。

券売機が外にありちょっとびっくり。つけ麺とらーめんがあるが、上に置かれているのはらーめんなので、らーめんがこちらではデフォルトなのだろうと判断してらーめんを選択し店内に入る。


店内に獣臭なし。量を選択できるとのことなので、腹ペコの私はもちろん大を選択した。


しばらくしてらーめん到着。チャーシューは、赤身のしっかりしたいわゆるロースのレアチャーシューっぽい感じのチャーシュー。あとはメンマと水菜、そして柚子が乗っているのが面白い。麺は中細ストレート麺。

スープを一口頂く。かなり魚介の強い「またおま」系ど真ん中。これが細めの麺に良く絡む絡む。柚子の香りも面白いし、チャーシューもそれだけでも旨い。

「チャーシューは胡椒と良く合います」と書いてあったので、広げたチャーシューに胡椒を一振りして頂いてみたが確かに良く合う。これはむしろ単品でいただいたほうがよいのではないだろうか。


一つ一つのパーツはしっかりと作り込んであるのだが、後半急激に飽きが来てしまった。一味唐辛子や山椒などの味変グッズを使って何とか食べ進む。どうも私は、この「またおま系ど真ん中」が苦手のよう。これは正直好みの問題にも思うが、どうにも平坦な印象があり、途中で飽きてしまった。

一つ一つのパーツは悪くないのに、なぜだろう。なんだかとてももったいない感がする。何が悪い、というものではなく、好みの問題なのだろうが。

一つだけ言えるのは、この濃厚さであれば麺は太麺の方が良いと思われるので、おそらくつけ麺の方がより真価を発揮するのかもしれない。というわけで、次回訪問することがあればつけ麺を試してみたいと思う。


一乗寺つるかめ

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:つけ麺 | 一乗寺駅茶山駅元田中駅


樂樂樂

樂樂樂でラーメンいろいろ。


夏休みに続き、珍しく家族で昼食。今回はあまり時間もないので、ゆっくり食事するというよりは麺料理を頂こうと考えた。天気もあいにくの雨模様だったため、車で駐車場があるところに行こうという事になり、まず向かったのはたんぽぽ。しかし残念なことに満車だったため「じゃあまだ行ったことのない樂樂樂に行こう!」となりました。

こちらの店は駐車場完備。ていうか車じゃないと訪問は難しい立地なので、駐車場は必須だろうと思われる。

店内獣臭なし。店内禁煙だが、入口出てすぐのところに灰皿あり。喫煙者がいた場合、煙の中を通らないと店内には入れない。

2種類食べてみました。いずれもチャーシューをばら肉の炙ったものにするかロースにするか尋ねられたのが珍しいと思った。いずれも炙ったばら肉を選択。


・とろうまラーメン(600円)

いわゆる豚骨ラーメン。獣臭はあまりなく、細麺でスープもライトな感じ。良くできているとは思うがあまり個性的ではない。


・背脂入りしょうゆラーメン(600円)

これもまた良くできているが、教科書通りの背脂醤油で個性をあまり感じない。


なんというか、初めから平均点狙いという感じで何とも不思議な感じのラーメンであった。チャーシューを選べることは面白いと思った。ラーメン自体は悪くないし、しっかりとまじめに作られているのは良くわかるが、面白みはあまりない。今回のようなシチュエーションであれば再訪するかもしれない。つけ麺は気になったが夜しか提供されていないという事なので、なかなか難しいなぁ…。ちなみに一緒に食事した家族も同様の意見であった。

スペースはゆったりしていて家族連れでもよいだろうと思う。駐車場も完備なので実際家族で訪れている方が多かった。店内禁煙なのもよい。あとはラーメンにもう少し個性が出ていれば通うのになあ…。


樂樂樂

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 北大路駅


らーめん 鶴武者

らーめん鶴武者で和風らーめん(700円)。


3カ月ぶりの訪問。駐輪場が出来ていたのが嬉しい。


今回は未食の和風らーめんを注文してみた。


「らーめん」とは異なりタレが醤油で、スープも節系が強い。「らーめん」で強く感じたあさりの風味はそこまで感じないが、節系+鶏が上手く調和している。これはこれでとても旨いが、どちらかというと私は個性満開の「らーめん」の方が好きかな。あの「汁だくボンゴレ」的な味は絶対にワインに合うと思う。


次回はもちろんつけ麺を試してみたい。


らーめん 鶴武者

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 西院駅(阪急)西院駅(京福)西大路三条駅


八海山

八海山で煮干そば(700円)


「あす流」からの連食。あす流からそのままJR方面に歩いていき、駅を超えたところにある。ちょっとわかりにくかったが何とか到着。

店内はウッディーで非常にきれい。思わず入口の段差で靴を脱ぎかけてしまった。この清潔さは女性受けするなと思うが、本来煮干し背脂ラーメンは労働者向けであまり女性受けしないはず。この相反するところが非常に面白い。もちろん獣臭なし。

ところで、店内に入るとBGMが「I am Sam」のサントラであった。非常に好きな映画であることと、非常に好きなサントラなのでもうこの時点からすでにテンションMAX状態。連食でもあり、デフォルトの煮干そばを注文。さて、先日食べた「セアブラノ神」との違いはどうなんだろうか?


しばらくして麺が到着。ビジュアルはネギの千切りに、長細く切ったばら肉がどーんと鎮座している。おそらくばら肉を塊のまま炙って、それを細長く切ったと思われる。竹は普通のメンマではなく、今だけ限定のゆず風味たけのこ。背脂は「セアブラノ神」と比べて控えめで、さほど多くない。ちらほら唐辛子が見える。玉ねぎは見た限りではないが、そう言うのもありなのだろうか?

思ったより煮干しの風味が強いがとてもよい香り。さっそくスープを一口頂いたが旨い! こちらもセアブラノ神同様、とても洗練された味がする。色んな意味で強いリスペクトを感じる。適切な言い方かどうかわからないが、ボブディランの曲をカバーしたアーティストのようだ。

ボブディランの曲は非常に素晴らしい曲が多いが、原曲は「風に吹かれて」などとても素朴である(PPMのカバーも素朴だがとても素晴らしい)。ところがそれをリスペクトしてカバーされた楽曲は、正直原曲を超えていることが多い。ちなみに私の最も好きなディランのカバーはU2の"All along the watchtower"である。初めて聴いた時はあまりの素晴らしさに感動し、ディランの原曲を求めたが、U2以上の感動はなかったことを思い出す。さらにさらにどうでもよいが"Knockin' on heaven's door"もガンズのカバーが素晴らしかった。彼の曲でカバーがオリジナルを超えてない曲は"Like a rolling stone"くらいではないか。


などとどうでも良いことを"I am Sam"のサントラを聞きながら考えた。ラーメンの話に戻るが、麺も自家製でもっちり太麺が旨い! 連食であることをすっかり忘れてわしわしと頂いた。

とても面白かったのが、ゆず風味のたけのこ。柚子の搾り汁に漬け込んだのだと思うが、柑桔系のさっぱりさが良いアクセントになり、美味しく頂けた。脂の多いラーメンにこのさっぱりアクセントはとてもよいと思う。

夢中で食べ進めていると、最後に底の方から玉ねぎ登場。こんなところにいたのか。笑。

食べ終わる頃に曲はベン・フォールズの"Golden slumbers"に変わっていた。これまたとても好きな曲で、伊坂幸太郎の同名小説を貪り読んだことや、映画を観に行ったことを思い出す。と話はラーメンからは飛びに飛びまくるが、正直堺雅人の出る映画(ドラマは知らん)に駄作はないと思う。


そんなわけで美味しく頂きました。ちなみに連食にもかかわらず、こちらもスープをほとんど飲み干してしまった。初志はいったいどこへ。笑。それだけ両方の店のラーメンとも上手く出来ているという事だと思う。

いつかは燕三条に本場の味を求めに行きたいと思う。例えボブディランの原曲を聞いた時のような「ありり?」感があったとしても。




麺屋 八海山

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 高槻駅高槻市駅


あす流

あす流で塩ラーメン(700円)。


珍しくぽっかりと何もない時間が出来たので、以前から気になっていた高槻市へラーメンを食べに行くことにした。

行きたいお店はたくさんあるのだが、最も気になっていたこちら「あす流」と、京都の「セアブラノ神」で初めて経験した「燕三条系」のラーメンを提供しているという「八海山」を訪問することにした。私としては人生初の連食(ラーメンテーマパーク除く)。笑。

ちなみに連食のための作戦は練った。なにも減らないのでさっさと作戦を晒すが、もったいないが「スープは残す」ということである。たくさん食べるにはボリュームというよりは塩分に規定されると考えた結果であるが、さてどうなることやら。


この日は凄い雨の日だったので、バイク訪問は諦めて珍しく阪急電車を利用した。久しぶりに眺める車窓の風景にプチ旅行気分となり、なんだか遠足気分に心が躍る。いやあたまにはこういうのもいいもんですね。


阪急電車を高槻で下車し、アーケードを歩く。こういうのも楽しいですね。また京都とは少し違った雰囲気で。駅を出たところで、思わず宝くじを買ってしまったりと、普段しない行動が炸裂する。いやあこういうのもいいもんですねとプチ旅行気分。


アーケードを抜けて左に曲がると「あす流」発見。行列があったのですぐにわかった。最後に並ぶが、あっという間に列がはけて店内へ。注文は初めから決めていた「塩ラーメン」で。


店内は獣臭なし。全面禁煙。カウンターだけであまり広いとは言えない作りだが、二人の店員さんはとてもキビキビを働いておられ見ていて気持ちが良い。

さて塩ラーメンが到着。スープはきれいに澄んでいる清湯スープで、チャーシューはロースとバラが一枚ずつあり、これは面白い。トッピングはさくらカイワレとネギ、海苔と、食べはじめてから分かったのだが刻んだ大葉が入っているようだ。

まずスープから頂く。旨い! 鶏と魚介から丁寧にとられたスープがこれまたムチャクチャ旨い。

麺は多加水のぷりぷりした麺で、これがまた澄んだスープと良く合っている。

チャーシューは澄んだスープの味を壊さないように、上手く味付けされている。たまにチャーシューの味が濃すぎてスープを台無しにしている残念なラーメンがあるが、ここでは全くそんなことはない。しかもロースとばら肉を2種類とも楽しめる。

大葉とさくらカイワレが味としても彩りとしてもなかなか良いアクセントで、つるつるとあっという間に食べてしまった。この後八海山の連食を計画していたのでスープは我慢しようと思っていたのだが、スープもあまりの旨さに思わず全飲みしてしまった。初志は旨さの前にはどこかに飛んで行ったわけです。しかし塩加減も強くなく、まさに「塩梅が良い」スープ。これは間違いのない逸品。この塩分なら連食も可能だと、飲み干した後に自分に言い聞かせた。笑。


総じて非常に旨かった。この一杯だけで、わざわざここまで来た甲斐があったと思う。あえて言うならば「ボリューム」だと思うが、旨いものにはちょうど良い量があると思っているのでこれで良いと思う。もうこのままこの余韻を残したまま帰っても良かったのだが、この後やはり予定通り八海山に行くことにしましたとさ。



あす流

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 高槻駅高槻市駅


セアブラノ神

セアブラノ神で背脂煮干そば大盛り+黒ばらのり(700+100+50=850円)。


前回訪問してかなり好印象だったので、もう一度味を確認したくなり日をおかず再訪してみた。今回は黒ばらのりをトッピングし、空腹も強かったので大盛りでお願いした。

さて再訪した感想は、前回食べたときよりも煮干しの主張が大人しくなっている印象。以前と比べるとより洗練されたのではないか? いずれにしてもとても旨い。黒ばらのりもいいアクセントを与えてくれて、大盛りにしたにもかかわらず最後まで飽きずに美味しく頂けた。



本場の燕三条で食べたことはないのであくまでも想像するしかないが、燕三条系のラーメンが生まれた経緯を考えると明らかにブルーワーカー向けであるはずで、恐らく本場はもっとスープも塩気も脂もワイルドなのではないだろうか。

こちらで頂く印象はあくまでブルーワーカー向けには思えないくらい洗練されている。コンセプトは同じであるが似て非なるものなのではないだろうか。

うーん一度本場で食べてみたい。とりあえず本場にはしばらくは行けないので、より近くにある高槻の八海山に行ってみようと決意した。そんなわけで近日中の訪問が決定。やっほー。



セアブラノ神

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:ラーメン | 四条大宮駅大宮駅丹波口駅


つけめん 恵那く

つけめん恵那くで辛つけめん(880円)。



前回の訪問でこちらのつけめんがとても旨く、非常に満足度が高かったので、早速の再訪。今回は予定通り辛つけめんを選択した。

「もし辛さが足りなければ、辛辛(からから)も出来ますので言うてくださいね!」とご主人から言われ、辛つけめん到着。さっそく極太麺をどっぽりつけて頂いたが、やはり旨い! 辛さもちょうどよいくらいで、正直普通のつけめんよりもこっちの方が私は好き。濃厚な旨みとちょうどよい塩梅の塩分、そして辛みが上手く調和している。スープの辛みもばっちりで、今回もたちまち平らげてしまった。

これは癖になる旨さ。次はカレーつけ麺も試してみようと思う。


星4.5→4.6に微増しました。


つけめん 恵那く

昼総合点★★★★ 4.6



関連ランキング:つけ麺 | 一乗寺駅茶山駅修学院駅


ラーメン屋台 吉祥院店

ラーメン屋台で台湾ラーメン中(540円)。


どうでも良い話だが、私が物心ついてから大学に進学するまでに過ごしたのは宇治・城陽・久御山そして伏見であった。

正直、この辺でのラーメン屋の選択はあまり多くなかったが、その中でもよく通ったのが、城陽にある「ラーメン屋台」だった。やっぱり目的は台湾ラーメンで、その独特な辛旨と玉ねぎの甘旨が合わさった、それでいてややジャンキーなラーメンが好きだった。これがまた中毒性があり、しばらく食べないとまた欲しくなってくる。ちなみに、普通のラーメンも何気に旨い。


その後彼の地を離れてからはあまり訪れなくなっていた。ちょっと前に、山科に出来た「台湾ラーメン げん」には何度か訪れたのだが、残念ながら閉店されてしまった。

そんな中、吉祥院にラーメン屋台ができたと聞いていたので、いつかは訪問しなくてはと思っていたのだ。


さてバイクで颯爽と乗り付けたのは良いが、隣の閉鎖された旧店舗を見て「あれ? 閉店したの?」と盛大な勘違いをしてしまった。よく見ると隣に新店舗があり、勝手に一安心。


店内は獣臭なし。喫煙は可能なようだが、中途半端な時間の訪問だったので喫煙者はいなかった。もちろん台湾ラーメンを注文した。

しばらくして台湾ラーメン到着。結構久し振りの再開な気がする。「底からよく混ぜてくださいね」そうでしたね、と思いだす。

よく混ぜるとミンチやニラや玉ねぎが登場。そうそうこんな感じだった。さっそくいただいたが、変わらない辛旨+甘旨に安心。城陽まで行くのはちょっと大変だが吉祥院であれば通えない距離ではないので、また中毒的に欲しくなったらこちらに来ようと思う。


ラーメン屋台 吉祥院店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 西大路駅十条駅(近鉄)上鳥羽口駅


鶴はしラーメン

鶴はしラーメンでラーメン並(650円)。


かなり久しぶりの訪問。私が一乗寺に住んでいた頃以来なので、約10年ぶりくらいになると思う。当時は店頭に「今日のスープ」としてホワイトボードにその日のスープの材料が書かれていたが、今はなくなったようだ。

店内は獣臭なし。セットメニューもあったがなんとなくラーメンだけにした。どうでもよいが私は麺好きなので、ラーメン+ライスにするくらいであれば麺大盛りを選ぶことが多い。焼き飯も然り。

待っている間にカウンターの薬味類を見ると、なんと胡椒が「ブラックペッパー」「ホワイトペッパー」「カイエンペッパー」と3種類もあるではないか。前からあったっけ? 思い出そうとするが10年前の記憶はあまりにも遠かった。

使い古されたカウンターにいると、なんだかずっとこの店がここにあって、ずっとここに通っていたような錯覚に陥った。実際は約10年ぶりの訪問であるし、また実は、こちらの創業は2001年と21世紀に入ってからなのにもかかわらずである。

などと思いに耽っていたらラーメン到着。具はチャーシューとメンマとネギのみ。表面を覆う油は昔のままであった。

さっそく一口頂いたが、旨い! あれ、こんなに旨かったっけ? と思うレベル。スープは鶏が主で、以前は鴨も入っていたはずだが「鴨!」という主張はなくスープの中で旨くまとまっている。背脂を炒めた物がちらほら見えるのと、底をさらうとニンニクが意外とたくさん出てくるのも、そういえばこんなラーメンだったと思い出させるのに十分であった。

面白いことに、ニンニクがたくさん使用されているにもかかわらずこれまたほとんど主張がない。全てひっくるめて旨くまとめられている。表面にあれだけ脂が浮いているにもかかわらず、とてもあっさり。学生の時も旨いと思っていたが、自分がおっちゃんになってこれくらいがちょうど良い塩梅なのだろうと感じた。まさしくプロの仕事である。

麺を啜っていると、なんだか約10年前の学生時代に戻ったような気がした。あっという間に完食。これだったら大盛りにしておくべきだった。

どうでもよいが3種類の胡椒は結局使わなかった。そもそも胡椒不要でしょこのスープ。


総じて非常に旨かった。こってりラーメンに疲れたらまた食べに来ようと思う。個人的には店内禁煙にしていただければとても嬉しい。



鶴はしラーメン

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 一乗寺駅修学院駅茶山駅


 | HOME | 

Calendar

« | 2013-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。