FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんぼんぐらばー館

せんぼんぐらばー館でちゃんぽん(680円)。


もともとちゃんぽんを食べる機会自体あまりなかった。いつだか忘れるくらいの大昔に、白川通り沿いにあった「元祖海鮮ちゃんぽん 平戸」でちゃんぽんを食べたことがあったくらいで、しかもその時の記憶がほとんどない。美味しかったのかいまいちだったのかも覚えていない。目が覚めるほどの旨さであれば覚えているはずなので、きっと好みのタイプではなかったのだろうと思う。

機会があって長崎を訪れたときのことだが、「麺食い」の自分としては、それまでほとんど通ってこなかったちゃんぽんをこの機会に堪能しようと考えた。そんなわけで有名店から場末の小さな店までいろいろと試してみたが、これまた期待が大きかったせいか「目の覚めるような感動」はなく、ただぼんやりした味だなあとの印象しか残らなかった。余談だが、皿うどんは旨かった。

長崎から帰ってきてからはちゃんぽんを食べる機会はなく、「ぼんやりした麺類」「今度長崎に行ったときは皿うどんを」という印象のみが残り続けた。

さて、せんぼんぐらばー館である。西陣の地で長く営業されているようだが、訪れるのはこの日が初めて。たまたま前を通りかかり、「皿うどん」の看板に惹かれて入店。もちろん、皿うどんにはビールだ。ビールをちみちみと楽しみながら皿うどんで幸せになるつもりだった。

カウンターに座り、注文の品は決まっていたのにもかかわらず何気なくメニューを見る。その瞬間、思わずちゃんぽんという文字が塊で眼の中に飛び込んできた。

「ご注文は?」
「ちゃんぽんを」

なぜかはわからないが、気が付くとちゃんぽんをコールしていた。ちゃんぽんであればビールは要らない。きっとこれはなんらかの運命、ちゃんぽん側からのリベンジだったのだ。食べ終わった今となってはそんな気がしてならない。

そして結論から言うと、このちゃんぽんは非常に旨かった。スープはクリーミーであっさりしているが、非常に塩梅がよい。具もたくさん入っており、それぞれにしっかり仕事されている。食べ始めてから最後まで箸は止まらなかった。

ここのちゃんぽんと出合うことがなければ、ずっと「ぼんやりした味」の印象を持ち続けただろう。これはちゃんぽんの神様が引き合わせてくれたとしか思えない一杯であった。今度は皿うどん+ビールだな。


せんぼんぐらばー館




関連ランキング:中華料理 | 北野白梅町駅円町駅今出川駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/1-af8a0b32

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。