FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽はまた昇る

陽はまた昇るでしょう油ラーメン並(700円)。


運転免許の更新のため羽束師へ。途中ちょっと寄り道をして、前から気になっていたこちらで腹ごしらえをしておくことにした。しかし伏見にもいろいろと面白いラーメン屋さんが出来てきている。なかなかこちらに来る期間がないが、時間があるときにでもゆっくり訪れたいと思う。

店内は清潔で獣臭なし。基本メニューはしょう油と塩のようだ。しょう油におすすめマークが貼ってあるので、迷わずしょう油にした。

あまり混んでおらず、すぐにラーメン到着。具はチャーシューと味玉が半分、海苔とネギとメンマ。

さっそくスープを一口頂く。結構濃厚なスープだが、それ以上に塩分が濃い。ありゃ、こりゃあダシが台無しでは。塩分というか、醤油が強い。

麺は加水率高めの平打ちの麺で、結構好きなタイプ。つるつると喉を通って行く。スープとの絡みもよく、麺だけを啜っていると塩分の濃さはあまり気にならない(けど、やっぱり濃い)。

チャーシューは外側に胡椒を纏っているタイプ。これは単品が良いと思う。胡椒がピリッとよいアクセントになっていると感じるか、スパイシーさは余計だと感じるかは個々人によると思われるが、私はどちらかというと後者かな。単品としてはとても面白く、旨いと思うが。


味玉は完璧。黄身もとろとろで味もしっかり染みている。

メンマは柔らかい部分を使用されていてこれ自体は非常に面白いが、長さが長い。「穂先」というには長すぎる。もう少し切り分けてくれた方が食べやすいと思う。

麺と具を食べ終えてスープを頂くが、やはり濃くて飲めなかった。後で知ったが「薄め」という注文も出来るらしいが、濃さを分からない初回から薄めで注文する人はいないだろうし、デフォルトの濃さにうんざりして再訪しない人もいると思うのでもう少し薄めに作った方が良いのではないだろうか。

塩分濃度に関しては、「足す」事は簡単だが「引く」ことは不可能。タレ以外を全て加えて薄めることはもちろん可能だが、薄めに作って、濃いのが好きな人は醤油ダレで自分で調整できるようにした方が良いのではないだろうか。

スープ以外に関しては、麺にしろ具にしろ個々はとてもよくできているし面白いと思うが、丼の中での一体化を楽しむことはできなかった。

というわけで、「各論」的な部分はとてもよくできているが「総論」としてはちょっと残念であったと思う。逆に言うとポテンシャルは高いと思うので、また日をあらためて訪問してみたいと思う。あと塩も試してみたい。



ラー麺 陽はまた昇る

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 伏見駅墨染駅丹波橋駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/201-b575fbdd

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。