(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長江辺

長江辺で麻婆豆腐刀削麺(680円)。


本格的な刀削麺が食べられるとのことで、以前からチェックはしていたのだが、「全面喫煙可」というのがネックになり未訪問であった。だがやはり本格的な刀削麺を食べてみたい! ピーク時を外せば紫煙から逃れられるかも、という淡い期待を胸に、今回初訪問となった。

店内に入ると、そこは中国であった。テーブルと座敷があり、壁には日本語で書かれたメニューが所狭しと張ってあり、一見すると日本の定食屋なのだが、店員さんも中国の方だし、私が訪問した時はお客さんまでがみな中国人であった。各テーブルには当たり前のように灰皿が置いてあり、まるで中国の食堂のような喧騒。注文も店員さんとの会話も、もちろん支払いも中国語。日本人はおそらく私だけで、いったいここはどこだろうという錯覚さえ受ける。ちなみに幸い喫煙者はいなかった。

メニューをざっと見るが、定食メニューも単品もかなり充実している。どれも旨そうだが、初志貫徹ということで刀削麺の中から選ぶことにした。「醤油鶏」「豚角煮」「麻婆豆腐」「担々」の4種類があり、かなり迷ったが今回は「麻婆豆腐」をチョイス。

中国語の会話をBGMに待っていたら、しばらくして麺登場。通常のスープの上に麻婆豆腐の餡がかかっている形になっていて、よく混ぜていただくようだ。

まずは餡がかかっていない部分のスープを頂いたが、プレーンな鶏がらスープ。そしてお目当ての麺を引っ張り出す。はじめまして刀削麺さん。思っていたよりも結構幅広で、麺の中心にかけて厚みが強くなっている。長さはもちろんまちまち。早速一口頂いたが、結構もっちり感が強い。幅広の短めの麺なので、啜ると言うよりはつまんでいただくと言う感じ。

麻婆豆腐部分はラー油がかなり強い。「麻」はほとんど感じなかった。しかもかなりの辛さで、一口目で思い切り咽てしまった。しかし一口一口食べ進むうちに、単に辛いだけではなく旨身も感じられてくるから不思議である。

しかもかなりボリュームがある。食べ終えたかと思いきや、底の方に、麺になり損ねたものがたくさん沈んでいた。個人的には麺になり損ねた部分は不要かと思うが、これは必然的に生じてくるのかもしれない。

総じて非常に面白かった。ただし麺料理としてみた場合、刀削麺はちょっと荒削りすぎる印象。他の店でも試してみたいと思う。また、麺以外の印象も悪くなかったので、次に訪問する機会があれば刀削麺ではない普通の麺を頼んでみようと思う。


長江辺

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 元田中駅茶山駅出町柳駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/203-75dce224

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。