(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おがわ

おがわでざる(1000円)と鴨せいろ(1700円)。


家からほど近いにもかかわらず、未訪問だった「おがわ」さん。今回は蕎麦気分になったため、初めての訪問となった。

店構えはかなり控えめで、気が付かないとお店だとは分からない。中に入るとスペースも小さい。がとても清潔で、逆にこのこじんまりとした感じがとても落ち着く。

いつもそば屋に行くと、まずは一品と日本酒をお願いして始めるのだが、この日はバイクでの訪問だったのでそれは叶わず。ざると鴨せいろを頂く機会があったので両方の感想を記す。


・ざる

蕎麦が一本一本がまるで透きとおっているかのような美しさ。水切りも完璧でエッジも効いており、見ただけで旨いことが分かる。これほど美しい蕎麦を見たのは本当に久しぶりで、一口も食べていないこの時点で、私の頭の中でファンファーレが鳴った。

さっそく一口何もつけないで頂く。口の中に入れるとそばの香りが広がり、噛みしめると香りと共に甘みが広がる。これは旨い! 正直あまりの旨さに体が震えた。しかも非常にコシが強く、蕎麦の噛みごたえも十分。

つゆは結構辛めのタイプで、ほんの少しだけつけていただくのがその蕎麦には合っていると思う。


食べ終わる直前に蕎麦湯がサーブされた。これもとても濃厚で、辛めのつゆに負けない濃厚さ。つゆに注いで頂くと飲みごたえ抜群で、正直蕎麦だけでは物足りないかなと思っていたが、蕎麦湯で腹も満足した。このように、蕎麦湯はそれ自体で見事な一品であった。


・鴨せいろ

鴨は香ばしく焼いたのが3枚と、白ねぎの細切り。鴨の油はやや弱めかと感じたが、これくらいが良いだろう。鴨肉は食べ応えあり、ネギのさっぱり感がさらに食欲を増す。こちらも蕎麦湯を加えて美味しく頂いた。



いずれも非常に旨かった。が、ざるの「つゆ+蕎麦湯」の満足度が非常に高かったので、今後訪問時はざるが多くなるだろうと思う。次回訪問時には辛味大根のおろしを頂いてみたい。


#ちょっと最近はラーメンに偏っていたが、「おがわ」さんで蕎麦の旨さを再認識した。ので、蕎麦もいろいろと食べてみたくなった。幸い北山のあたりには行きたい店がたくさんあるので、しばらくは蕎麦屋巡りかな。



おがわ

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 北大路駅

スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/206-f1b55339

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。