(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン将陽

ラーメン将陽でベジポタつけ麺(800円)。


普通のラーメンがとても懐かしい味だった将陽で、最近食わず嫌いが治ったつけ麺を試してみることにした。


今回も女性の店員さんが3人。ためらわずつけ麺を注文した。


そのつけ麺は、麺は全粒粉のストレート太麺。しっかり水切りされており、ビジュアルもとても美しい。これは期待が高まる。まずは何もつけずにいただいてみたが、小麦の香りがしっかり感じられてとても旨い! これもまた塩だけで食べてもいけそうだ。

スープは見た目は全くの「またおま系」で、豚骨魚介のドロドロつけ汁にしか見えない。さっそくどっぷりつけていただいたが、やはり豚と魚介がガツンとくる。野菜はいずこへ? スープのざらつきは豚骨と魚粉だろうか。もっと「ベジタブル感」が前面に押し出されているのかと思っていたので意外だった。たぶん「ベジポタ」と書かれていなかったら普通に豚骨魚介だと感じるだろう。

しかしそれはそれで、つけ汁としての完成度は非常に高い。ベジポタ感がそれほど感じないのは、それだけうまく調和しているということだと感じた。塩気もちょうどよいくらい。


具はつけ汁の中にメンマがたくさんと、麺側にチャーシュー及び味付け玉子が半分と、白ネギ。つけ汁はけっこうたくさん用意されていて、はじめに具を全部入れてみたが温度は下がらなかった。

麺を3口ぐらい残した状態で割りスープをお願いした。ここで希望すれば、一口ご飯を無料でいただけてスープで割る「一口茶漬け」も可能とのことだったが、麺自体結構ボリュームがあったため今回はご飯は頼まず。

割りスープは澄んだ鰹出汁で、この出汁でで割ると濃厚であっさり目のスープに変身。ここに残りの麺を投入し、「〆ラーメン」にして楽しませていただいた。


意外な「正統派ど真ん中」のつけ麺はとても旨かった。あまり表に出てこなかったベジタブルが、豚骨と魚介をうまくまとめてくれたのだろうと思うし、したがって「またお前か」感は実際ほとんど感じなかった。非常に完成度の高いつけ麺であった。


懐かしさあふれるラーメンといい完成度の高いつけ麺といい、非常にポテンシャルの高い「隠れた名店」。今後も重宝させてもらおうと思う。


星3.8→4に変更しました。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/211-62011599

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。