FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もも

花ももでざるそば(750円)。


花ももさんでは汁物ばかり頂いてきたので、いちどざるそばをいただこうと思っていたのだ。そんなわけで、ようやく機会ができたので今回の訪問となった。


メニューを見ると「季節の蕎麦 きのこそば 4種のきのこが入った蕎麦 1000円」という季節の蕎麦に思わず魅かれてしまったが、ここはぐっと我慢してざるそばを注文した。

昼時の花ももさんはひっきりなしに客が訪れる状態で、さっと蕎麦を手繰っては店を後にする人もいる一方で、観光客と思われる団体も来られており結構繁盛しておられる様子。店の雰囲気もとても落ち着いており、蕎麦待ちのぼーっとしている時間だけでも至福のひと時である。


しばらくして蕎麦到着。むむむ、う、美しい。蕎麦は見た目で旨さが分かると思う。見た目が美しい蕎麦はまず外れがなく、見た目がコンクリートのような蕎麦はまず当たらない。

さっそく一口頂いたが、蕎麦の香りがふんわりと鼻から抜けていく。新蕎麦の季節になると、いつもラーメンは止めて蕎麦が欲しくなる(が、結局どちらともつかない麺料理博愛主義者なのです笑)。

実はここまでは全くの予想通り。温かい麺も頂いてきたし、冷たい汁蕎麦も頂いているので蕎麦の旨さは十分に知っているつもり。汁に浸かっていない蕎麦は「はじめまして」だが、予想通りの旨さ。さて、果たしてつゆは?


…持ち上げた蕎麦の先っぽだけつゆにつけてまずは頂いたが、旨い! 甘さも辛さもちょうど良い塩梅で、まさに蕎麦のためのつゆ。今度は1/3ほど浸したが、これくらいが蕎麦の香りもつゆの旨みもちょうど良いくらいだと感じた。


蕎麦を食べ終わる頃に蕎麦湯がサーブされる。珍しく早い時間だったためか、やや薄めのさらっとした蕎麦湯であった。しかししっかりとした旨みはあり、つゆに加えると得も言われぬ旨さ。

もう少し遅めの時間であればさらに濃い蕎麦湯が提供されたと思うが、このように時間帯によって濃さが変わる店こそ私は本物だと思う。常に一定の濃さは不自然だし、また時間帯で変わる旨さは、訪問するときの楽しみの一つにもなり得る。

そんなわけで蕎麦湯まで美味しく頂いた。これは旨かった。


次回はもう少し秋が深まってから。もちろんきのこそば一択。


手打ちそば 花もも

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:そば(蕎麦) | 丸太町駅(京都市営)神宮丸太町駅京都市役所前駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/215-169cc45d

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。