FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄そばシリーズ其の四 いしぐふー 新都心公園内店

いしぐふー新都心公園内店で「大将の手打ち あぶりソーキそば」(680円)。


この日はいろいろトラブル続きだった。ためにいつも沖縄訪問時には必ず行くようにしている「摩文仁の丘」に行けなかった。これが一番残念。

摩文仁の丘。正直なところ、全ての日本人は一度は訪れた方が良いと思う。唯一の地上戦が展開された沖縄戦では、日本軍及び戦闘に参加した沖縄の人は最後に摩文仁に追い詰められた。そう、ここで集団としての戦闘は終了したのだ。民間人であり、戦闘には参加しないはずの沖縄県民は、ここまで日本軍と一緒によく戦ったという。

あまりに激しい戦闘のため、当時の摩文仁村は人口が半減するほどの被害を受けたと言う。そのため村そのものが存在できず周囲の町村と合併し、その後さらに合併を行い現在では糸満市の一部となっている。

陸軍の司令官であった牛島満氏は、最後に摩文仁に追い詰められ、最後に摩文仁の海を見てから洞窟に引き返し、自決したと言う。彼は何を思って最後に沖縄の海を見つめたのだろうか。


海軍の沖縄根拠地隊司令官であった大田実氏は、最後に海軍次官に送った電報にこう書いた。

沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ


筋金入りの軍人が最後にそう書き遺すほど、職業軍人でも何でもない沖縄県民はよく戦ったのだ。自分の住む土地が戦火に晒されたが故に。


その後大田実氏は自決した。そして沖縄に対する「後世特別ノ御高配」は未だ実施されていない。アメリカさえ認めた「世界一危ない」普天間基地は残念なことにまだ残っており、米軍兵による犯罪は未だに続いている。前の政権は「最低でも県外」と言った公約を容易く破り、沖縄県民の怒りを呼んだ。


今はありがたいことにそれなりの平和を享受している。牛島氏が最後に見たという摩文仁の海はとても美しくそして静かで、本当にあの悲惨な地上戦なんてあったのだろうかという気にさえなってしまう。私はいつも摩文仁の丘を訪れ、ささやかではあるが自分なりの祈りを捧げさせていただいている。



話は飛んだが、昼食を取りに新都心へ。もともとこの場所は米軍の牧港住宅地区であったが、それが米軍から返還されて開発されている。今後の基地返還の一つのモデルでもあろうと思っている。


などと考えながら新都心を歩く。正直ここは沖縄か? と思うくらいきれいに開発されている。全く平和そのものの風景がそこにはあった。モノレールの駅からまっすぐ歩き、気持ちの良い公園を歩いたらここいしぐふーにたどり着いた。

注文はもう考えてあった「あぶりソーキそば」。気持ちの良いテラス席に座り、注文を入れた。

「普通のあぶりソーキそばと、10食限定の大将の手打ちあぶりソーキそばがありますがどちらにしますか?」

と言われ、なんとなく限定に弱い私は後者を選択した。この手打ちあぶりソーキそばで、沖縄そばNo1を取ったらしいと聞きちょっとテンションが上がる。




こちら「いしぐふー」だが、もともと名護市の安部という、とんでもない田舎(大変失礼だが)で開業された。周りには本当に何もなく、向かいに食堂「あぶ」があるくらいで、なんでこんなところに開業されたのだろうと思うくらい何もないところに、ぽつんとふたつの食堂が並んでいたのだ。ちょっと離れた所にはカヌチャがあるので、カヌチャ向けに開業されたのだろうか。極めて謎な店だった。

その時代に何度か訪れたことがある。昔ながらの伝統的なそばが多いやんばるにあって、いしぐふーのそばは洗練されたものを感じ、それから何度か通った。

しばらくして、名護市の中心に支店を開店された。市場の中だったが、すぐに撤退された記憶がある。名護の中心の店は撤退するのに、相変わらず安部にある本店の方は営業を続けられていた。

その後、中南部方面に展開されて行ったのだが、一号店である安部の店はまだそのまま残されているようだ。




などと記憶を辿っているうちにあぶりソーキそばが到着。あぶりソーキは別皿で提供され、山葵と辛子が添えてあった。麺の方はシンプルで、平打ち麺と完全に白濁したスープ、及びネギだけ。

さっそく一口頂いた。平打ち麺は加水率の高そうなぷりっともちっとした麺。この平打ち麺は北部地方でよくみられ、「やんばる発」であるということを思い出させる。そこに誇りを持っておられるのだろうと思う。

スープは沖縄そばに珍しく完全に白濁しており、豚が強く、カツオの風味はほとんど感じなかった。あれ、こんなスープだったっけ? 前回の訪問があまりに前なので忘れてしまった。

あぶったソーキは軟骨ソーキで、しっかりと柔らかく似たものを香ばしく炙ってあり、これは旨かった。面白いことに山葵にも辛子にもよく合う。これはビールが欲しくなる一品。

しかし麺の方はあまりにシンプルすぎて、残念なことに途中で飽きてきてしまった。あぶりソーキをスープの中に投入してみたが大勢は変わらず。

あとで知ったのだが、普通のあぶりソーキそばの方は焼き卵が乗ってくるらしく、そちらの方が少なくとも飽きなかっただろうと思う。次回訪れる機会があればそちらを試してみたい。

これで沖縄そばシリーズはおしまい。沖縄は正直「第二の故郷」であり今後も定期的に訪れると思うので、今回行けなかった店にもまた行ってみたいと思う。




いしぐふー 新都心公園内店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:沖縄そば | おもろまち駅古島駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/229-bfe1362c

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。