FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スジャータ

スジャータでナブラタンカレー(850円)。


とても懐かしいお店。京大の農学部近くでお店をされていた時には、良く通った。約20年前の話で、インドで良く見られる金属製の皿に盛られたカレーはここで初めて知った。いわゆるスパイスをしっかり使っているが辛いだけではないカレー。しかも「ベジタリアンカレー」であった。20年前の話なので、お店としての登場は時代に比して早すぎたのかもしれない。なんせ本格的なインドカレーの店すらあまりなかったはずだから。


あれから20年近くの歳月を経て、百万遍近くで再開された店舗に伺う機会を得た。


お店の前でメニューを見ると、今は菜食レストランとして、どうやらカレーだけではなく和定食などもされているようだ。麺食いとしては、マテ茶を練り込んだ「マテンメン」にもやや魅かれたが、ここは懐かしのカレーを頂くことにする。

カレーのメニューは、野菜と果物をふんだんに使った甘めの「ナブラタンカレー」、豆腐入り「ほうれん草カレー」、そして「ひよこ豆カレー」の3種類。いずれにもサラダと玄米とチャパティが付く。


いずれも旨そうで結構迷ったが、迷った時は一番上のメニューと決めているので「ナブラタンカレー」を選択した。「ナブラタン」というのは、ヒンディー語で「9つの宝石」と意味するそうで、野菜や果物が9種類入った北インドのカレーだそうだ。

「甘めのカレーで辛さ控えめだけど、さらに辛さ控えめも出来ますよ」と言われたが、そのままでお願いする。おそらく、辛さが苦手な方が注文することが多いのかもしれないのでそう言われたのだろう。


しばらく待つとカレーが登場した。カレー以外はサラダとチャパティと「減農薬」玄米。思っていた以上にボリュームがある。


まずはカレーだけ頂いてみたが、まずは果物と野菜の甘みがくどくなく訪れた後、ぴりっとした辛みが遅れてやってくる。スパイスはカルダモンが効いている。これは旨い。

玄米と一緒に頂くとより旨さが良くわかる。玄米もふっくら炊かれており噛み締めるととても甘い。しばらく食べ進めると胃がぽかぽかしてきた。うーむスパイスの効用か。他には具として、玄米の上に素揚げした茄子が乗っていた。

次にチャパティと頂く。チャパティ自体もずっしり食べ応えがあり、もうお腹がパンパン。順番がおかしいかもしれないが最後にサラダを頂いた。

「たくさん食べそうだったので、多めに盛ったのよ」と店主は私を見て笑った。この量は女性だと食べきれないのではと思ったが、おそらく客に合わせた量を提供していただけるのではないだろうか。


総じてとても旨かった。だけではなく、スパイスの効用か胃も体もしゃきっとした気がする。次回は別のカレーをまた頂いてみたい。



スジャータ

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:自然食 | 元田中駅出町柳駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/249-b8257919

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。