FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村家

吉村家でラーメン(650円)。


京都にも、紫蔵をはじめとする「家系」ラーメンが展開され、結構印象が良かったので、これは一度本場の「家系」をいただかなくてはと思っていたのだ。そんなわけで、総本山を攻めてみることにした。


羽田から京急で横浜へ向かう。いつも関西の私鉄で使用している「Pitapa」がなんと京急で使えたのには驚いた。「Pitapa」で京急乗る人ってほとんどいないのではないだろうか。


横浜駅から歩いて店に向かう。16時くらいの訪問だったので、さすがにそんなに並ばないだろうと思ったのは甘かった。店の前には結構な行列があり、一瞬躊躇う。少なくとも20人はいたと思う。京都ではあり得ない光景だが、ここまで来て躊躇するのもなんなので、もちろん並びました。「先に券売機で券を購入ください」みたいな張り紙があり、先に券を購入する。

面白かったのは、店員さんが定期的に外に出てきては「はい、ここまでの方券を見せて下さい」といった風情で食券を確認しにくることだ。出来るだけ速やかに麺を提供しようという心意気が感じられる。どうやら食券の色で、次のロットで何玉必要なのか把握されているようだ。


そんなわけで回転も早く、意外と早く席に着くことができた。初めてなのでもちろん全てノーマルで注文。そして店内は全く獣臭なし。

私はたまたまスープの寸胴の前に座ったのだが、結構な豚骨を使われている。しかもかなり煮出されており、これで獣臭がないというのは、かなり丁寧に下処理をされているという事なのだと思う。これをがしがしとかき混ぜておられたが、かなりの重労働だと思う。

オープンキッチンなので作業が丸見えなので、麺茹での工程もずっと見ていた。一気に10玉くらい茹でられていたが、平笊での麺上げは見事であった。次々と上げられていく麺に、あっという間にさまざまなトッピングが加えられて提供される。まさに職人芸。あの太麺であれば、このスピードでの麺上げで茹で加減は大きく違わないだろう。

私の前にもあっという間に麺が到着。具はほうれん草とネギと海苔3枚と、チャーシューが一枚。


さっそく麺から頂いたが、しっかりゆでられた短めの太麺に濃厚なスープが絡んでこれは旨い! ややしょっぱさを感じたが、これは今後調整可能。脂っこさも意外と感じず、正直総本山の名に恥じぬ旨さ。紫蔵はかなり良くできていると思ったが、これと比べるととても上品。ワイルド(香りじゃないですよ)で重厚だが繊細という印象を受けた。

そして驚いたのがチャーシュー。とても香ばしく、薫香がする。これはおそらく煮豚ではなくしっかり焼いた豚で、しかもスモークしてあるのでは。香ばしくて柔らかい。私はチャーシューにあまりぐっと来ないのだが、ここのチャーシューは違う。


総じて非常に旨かった。わざわざ「総本山」までやってきてよかったと思うし、それだけの旨さがあった。ただし後半では塩辛さが目立ってしまい、猛烈に喉が乾いてしまった。カウンターに、吉村家特製の「ニンニク酢」なるものがあったのでさっぱり目的でかけてみたが辛さはとれず(ただしスープ自体はかなりさっぱりした)。


次回訪問する機会があれば、味は薄めでチャーシュー麺を食べてみたいと思う。


吉村家

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:ラーメン | 平沼橋駅横浜駅戸部駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/252-43eba617

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。