(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソおやじ最後のひとふり

クソおやじ最後のひとふりであさりラーメン(800円)。


珍しくぽっかーんと時間の空いた日。こういった日は、日頃の多忙を癒すためにぐうぐうと家で不貞寝を決め込んでも良いのだと思うが、なんとなくアウトドアな気分になり電車に乗って大阪に出かけた。やったープチ旅行ぅ。

ぼーっと車窓の風景を眺めたり、持ってきた本を読んだりして車内での時間を過ごす。こういうのがぐうぐう寝ているより癒しになる私。

そんなわけで十三で下車した。通過したことは多数だが、駅の外に出るのは初めての経験。駅から出てぶらぶらと歩くと、さっそく昼間から開いている飲み屋で出来上がっている親父がいる。良いなあこういう雰囲気は嫌いではない。思わず私も飲み屋に突撃しそうになってしまった。

さて目的は「クソおやじ最後のひとふり」である。実は以前から興味があったのだ。店の名前も大概凄いが、貝の出汁で作るラーメンというのにとても興味があったのだ。貝のスープだけで作るラーメンという視点が素晴らしいと思う。普通は鶏か豚のスープを合わせると思うのだが、そう言った固定観念から解き放たれた一杯が提供されているらしい。


もう行く途中から、「やっぱ基本はあさりやろか、しじみも捨てがたいな。なによりハマグリも興味ある…うーんどれも食いたい!」という気分だったのだ。新しいラーメン屋に行く時のわくわく感はいつでもあるが、行く前からメニューを選ぶわくわく感はあまりないような気がする。


そうこうしているうちに店に到着。無事営業されていてほっとする。さっそくカウンターに座り、やっぱり基本の「あさり」をチョイスした。もちろん他のメニューもいつかコンプリートしてみたい。

店員さんは威勢のいいお兄さんばかりで、「クソおやじ」はどちらかというと私か。笑。


貝のスープなので、もちろん獣臭なし。調理過程を見ていると、注文が入ってから貝を茹でてスープを作り、出す分だけのチャーシューを切っておられるようだ。こういった一工夫というか、その場で作るライブ感というかは非常に心地よい。

そんなわけでラーメン到着。さっそくスープから一口頂いた。あれ? と思うくらい、一口目はあさりの味がしない。醤油っぽさが喉を通り過ぎていく。しかし二口目からはしみじみとあさりの旨みがやってくる。これは面白い!

麺は全粒粉入りと思われる中太の麺で、もちもちしていてこれも旨い。

具はレアチャーシューと姫竹とネギ。レアチャーシューも外側にまぶされた胡椒がちょうど良い塩梅でとても旨かった。姫竹は、独特の風味があった。なんだろ? でも旨い!


夢中でワシワシ頂いた。正直むっちゃ旨い。難点をあえて挙げるとすれば、貝が多すぎることだけど、これくらいないとちゃんとダシ出ないからね。あさりは15~20個くらい入っていたのだが、この貝が麺と絡まって食べにくかった。そのまま啜るのを諦めて、途中で一つ一つ中身を外して貝をどけていったが、こちらの麺は全く伸びなかったのが凄い。


そんなわけで美味しく頂きました。この貝のスープは、絶対飲んだ後に合うと思うので、今度可能であれば近くの飲み屋で昼間から飲み倒して昼間からこちらのラーメンで〆たい。笑。

ぜひ残りのメニューもコンプリートしたいが、なかなか来れませんね。またぽっかりと時間が空くことを祈るしかないと思う今日この頃なのです。


くそオヤジ最後のひとふり

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:ラーメン | 十三駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/271-77cb35ca

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。