FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四川亭

四川亭で汁なし担担麺+ミニ麻婆飯セット(700円+250円)。


久しぶりに辛い料理を頂きたくなり、汁なしに興味のあったこちらへ。以前に訪問した時は移転前だったのだが、今回初めて移転後の訪問となった。

店の場所はちょっとわかりにくい。食べログの地図の場所ではなく、以前あった店をさらに東大路通り沿いに下がって行った東側にあった。正直こぎれいにまとまっており、こう言うと失礼かもしれないが担担麺の店には見えず一回は通り過ぎてしまったくらい。


店内は以前より広くなっており、かなり狭そうだった厨房も余裕がある。そんなわけで、今回は汁なしを注文。腹ペコだったので、私には珍しく麺以外のメニューであるミニ麻婆飯もつけてみた。

周りを見渡すと、汁の付いている担担麺+ミニ麻婆飯の方が結構多かった。ご主人は、麺を出した後に麻婆飯このを提供されておられた。その提供時間にちょっと時間差があったのだが、ご主人自身がタイミングを計られている印象があった。


私の隣に座っていた女性に、一足先に担担麺が提供されていたのだが、そのお姉さんは、麺を一口啜るなり「旨い! 旨い!」と呟きながら、唐辛子とラー油を追加投入されていた。これは期待が高まりますね。ちなみにお姉さんは、追加投入した後も「旨いっ」と呟いておられました。



さて私のもとにも、まずは麺が来て、その後麻婆飯が来るのかと思いきや。先に麻婆飯がサーブされた。これもまたそれなりの理由があるのだろうと思いつつ、麻婆飯を頂く。この麻婆飯は「麻」も辛さも控えめで、万人受けするタイプ。いわゆる日本風にアレンジされた味付けで、なんだか懐かしさすら覚える味を味わっていると、すぐに汁なしがサーブされた。

私はラーメン屋の息子であり、出来た麺は時間をおかず食べることというのを魂の髄まで叩き込まれているので、すぐに麺にスイッチ。

ビジュアルは縮れた麺にタレと肉味噌がかかっており、大量のネギと、これまた大量の花椒が散らされている。非常にシンプルなビジュアルで、さっそくよくかき混ぜていただいた。



一口啜る。う、旨い! しかも「麻」が良く効いている。というか効き過ぎなレベル。さっそく夢中で頂くと、途中から唇がびりびりと痺れ出した。思わず以前に大陸で頂いた四川料理を思い出す。さっきの麻婆飯と対照的だが、これは本物の「麻」!

一口、さらに一口と食べ進むにつれて、強まる痺れ。いやあ正直これは凄い。いろいろ担担麺は頂いてきたが、これは日本国内では初めてのレベル。このレベルを商品として提供としようとした店主は、非常に勇気のいることだったのではないかと思う。

途中からは痺れが強くなり、辛さもあまり分からなくなってしまった。「麻」が好きな人はぶっちぎりでおすすめだと思う。


夢中で汁なしを頂いた。びりびり感が止まらない。ようやく、さっき食べかけていた麻婆飯のことを思い出し、残りに手をつけたが、汁なしの衝撃が強すぎて、麻婆飯は豆腐と米の「甘さ」しか感じなかった。笑 痺れ切った舌にはちょうど良い甘さだったかも。


これは、先に麻婆飯を出した理由もわかる。あえてそういう順番にされたのだろうし、先に食べきっておくべきだった。ただしあの「甘さ」を経験できたのは面白かったので、一口くらい残して麺にうつった方が良かったかも。



四川亭

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:担々麺 | 元田中駅茶山駅出町柳駅


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/280-0a43c8fe

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。