FC2ブログ

(主に)京都ラーメン日記 ときどき麺以外

主に京都のラーメンを食べた記録です。麺食いなのでラーメン以外の麺も食べます。時々麺以外も食べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一神堂

一神堂で塩白湯麺(700円)。


唯一訪問していない「東龍」系の店。夜しか営業されていないのでなかなか訪問することはできなかったが、今回三条界隈でしこたま飲み倒した後に締めとして利用させてもらった。

散々飲んだ後に、三条から丸太町までてくてく歩いた。普段は歩くこともない道を千鳥足で歩くといろいろ見えるものもあるなあ、などと考えながら歩く。集団で気勢を上げる若者たち。道中で人目も憚らず愛し合うカップル。飲食店御用達のゴミ収集車が黙々と店の前のごみを拾っていく。オフィスと飲食店に挟まれてぽつりと出現する住宅。こんな繁華街近くにも普通の生活を営まれている方がいるのだとあらためて思う。京都の街は歩くのこそが面白いなあ。



そんなわけでてくてく歩いていると店に到着。結構いい時間だというのに店内はほぼ満席。初めてなので一番デフォルト思われた塩白湯麺を注文。「甕出し紹興酒(400円)」というメニューも見えてしまったため、麺を待つ間に頂くことにした。

紹興酒はなかなか濃厚で旨い。これはぐびぐび飲むタイプではなくちみちみと舐めるタイプの紹興酒で、なんぞつまみも頼んでおけばよかったかな、と少し後悔した。まあ初めてなのでいいやと思い店内を見回す。屋台風の店内は意外と寛げる感じで、アジアで良く見る屋台の猥雑さは全く感じない。通りに向かっても壁もあり、どちらかと言うと穴倉の中にいるような心地よさを感じた。

あらためてメニューを良く見ると「お好みでパクチートッピング可能(明記してなかったがおそらく無料)」と書いてある。香菜は大好きなのでトッピングをお願いしようかと思ったが、はじめての訪問なのでぐっと我慢した。最初はやはりデフォルトを頂きたい。しかしタイ料理屋ではなく中華麺屋さんなのであれば「パクチー(タイ語)」ではなく「香菜(中国語)」と書いてほしいところ。前者の方が通りが良いのでそうされているのであろう。


そんなことを感じているうちに塩白湯麺到着。まずはビジュアルをじっくりと観察した。「白湯」という割には白濁も強くなく、肉は細切りにされておりザーサイとネギとメンマが麺の上に散らばっている。なかなか面白いビジュアル。

まずはスープを一口。塩味はそれなりにあるが、非常にライト。ここは好き嫌いの分かれるところだと思うが、「塩強め」「ライトで飲みやすい」と言うのは、飲んだ後には非常によろしいと思うし、あえてそういうセッティングにされているのだろう。

麺を持ち上げると真っ白。純白の麺であった。これには驚いたが、一口頂いてもっと驚いた。いわゆるかん水を使用した麺にあるコシが全くない。おそらくかん水は全く使われていないのだろう。沖縄そばのように灰汁を用いたアルカリ性の溶液で麺を打ったのとも全く異なる。

ていうか「うどん」やんこれ。小麦粉と塩と水だけで打っているのだろうな。とにかくちゅるちゅる。これは好みが分かれるだろうなぁ。私個人の印象としては、スープがあまり乗っていかない印象で、普通の中華麺の方が良いのではと思った。が、これはこれで面白い試みではあると思った。

ザーサイはがっつり塩抜きしてある。ので食後感としてはほぼ食感の面白さのみで、ザーサイの風味がほとんど感じなかった。もう少し緩めに塩抜きして、少し風味を残しても良いのでは。

そんなわけで、紹興酒を舐めながらちゅるちゅる頂いた。正直このスープなら塩よりも醤油の方が合うと思うので、次回訪問することがあれば醤油の方を試してみたい。


一神堂 河原町店

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 神宮丸太町駅京都市役所前駅丸太町駅(京都市営)


スポンサーサイト

トラックバック

http://hamuokahamuta.blog.fc2.com/tb.php/96-5f8ec691

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ハム丘ハム太

ハム丘ハム太

主に京都のラーメンを食べた日記です。生まれながらの麺食いなので他の麺類ももちろん食べます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。